review

「耳をすませば」の天沢聖司は本当にストーカーなのか 原作と比べてみた

制作から20年、青春恋愛ドラマの決定版「耳をすませば」が本日オンエア。
うかつに観ると、ストレートな青春が眩し過ぎて苦しくなる、と悲鳴があがるくらいの傑作。
「耳をすませば」の天沢聖司は本当にストーカーなのか 原作と比べてみた

「お前さぁ、コンクリートロードはやめた方がいいと思うよ」

今回は、天沢聖司役の声優・高橋一生、本格ブレイク後の初オンエアとなる。
高橋はこの時、14歳。まだ少年の声を聞かせてくれる。収録直後に変声期を迎えたらしい。
今季注目のドラマ「カルテット」(第1話レビュー)で、聖司と同じ弦楽器(バイオリンではなくヴィオラ)を弾いている。
途中で骨董屋・地球屋の主人ら3人と共に「カントリーロード」を演奏するシーンがあり、「カルテット」である(タンバリンやコルネット、リコーダーがまじってて、弦楽四重奏ではないけど)。
しかも、ドラマ「カルテット」にはもたいまさこ、「耳をすませば」には室井滋(主人公月島雫の母・朝子)が出演。「やっぱり猫が好き」な組み合わせ。猫といえば「耳すま」では重要な役目を担う存在……!

さて、妄想はこれくらいにして、「耳をすませば」である。
この映画には原作の少女漫画がある。
「耳をすませば」の天沢聖司は本当にストーカーなのか 原作と比べてみた

映画化のきっかけは、宮崎駿(脚本・絵コンテ・制作プロデューサー)が、夏合宿の山小屋で、親戚の子が残していった「りぼん」を読んだことと言われる。その中に連載中の柊あおいの「耳をすませば」があったのだ。
大まかなストーリーは同じ。だが、映画化でかなりのアレンジもされている。変更点から「耳すま」の魅力に改めて迫ってみたい。

あわせて読みたい

  • 「猫の恩返し」バロンのキザかっこよさ

    「猫の恩返し」バロンのキザかっこよさ

  • 左の高畑勲だから描けた「ぽんぽこ」

    左の高畑勲だから描けた「ぽんぽこ」

  • 今夜金曜ロードSHOW「耳をすませば」の舞台、聖蹟桜ヶ丘の知られざる苦労

    今夜金曜ロードSHOW「耳をすませば」の舞台、聖蹟桜ヶ丘の知られざる苦労

  • 「サマーウォーズ」「あの花」「耳をすませば」……聖地巡礼アニメご当地裏話

    「サマーウォーズ」「あの花」「耳をすませば」……聖地巡礼アニメご当地裏話

  • レビューの記事をもっと見る 2017年1月27日のレビュー記事
    「「耳をすませば」の天沢聖司は本当にストーカーなのか 原作と比べてみた」の みんなの反応 4
    • 匿名さん 通報

      愛がすごい!

      1
    • 匿名さん 通報

      昨日りぼんのイベントリポートがあったけど、これもまたりぼん全盛期の作品だったんだな。連載当時はほとんど話題にはならなかったが…。

      1
    • 匿名さん 通報

      原作との違いがわかって、面白かったです❗

      1
    • ちきうや 通報

      原作の城跡は壬生城がモデルらしい。実際の城に高い石垣もないし、眺めもよくはないけど。 他の小ネタとしては、貸出カードに三浦美紀(さくらももこの本名)など、実在の人名が紛れ込んでいる。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース