90s

上岡龍太郎が番組をボイコット! 『探偵!ナイトスクープ』で起きた事件とは?

心霊・怪奇特集がお茶の間をにぎわせ、織田無道や宜保愛子といった眉唾な霊能力者がのさばっていた時代も、今は昔。
いつの間にか、すっかり見かけなくなったオカルト特番ですが、そういった番組におけるオカルト否定派として君臨していたのが、上岡龍太郎でした。自称「霊感がある」「幽霊を見た」とのたまう、現実社会では末席に位置していそうな素人たちを、彼ら以上の強力無比な屁理屈で論破していく様は、圧巻の一言。

「広島の球場で、バースがホームランを打つはずがない。『アメリカのヤツにホームランなんか打たすか!』と思うてね、原爆の霊が止めるはずやのに」といった軽妙な笑いも挟みつつ、次々とオカルト論者たちをメッタ斬りにしていったものです。

そんな上岡の「霊嫌い」が沸点を通り越し、ついには、番組収録中に激怒&帰宅してしまうという事件が、今から23年前の『探偵!ナイトスクープ』で発生しました。

上岡龍太郎が激怒したVTR


事件は1994年4月29日、「恐怖の幽霊下宿」なるVTRが放送されたときに起こります。これは、下宿部屋に出現する幽霊に悩む医大生の依頼を受けて、桂小枝が検証に訪れるという映像。
しかし、検証とは名ばかりで、自称・霊媒師を呼んで幽霊がいるか聞き込みをしたり、桂きん枝と小枝が除霊師に扮してふざけたりするだけの、単なるお遊び的な内容に終始。これに局長・上岡が激怒したのです。

「(このVTRで)何の実証もされてないわけでしょ?これをつくったディレクターは何を結論づけようとしているわけですか?」「『やっぱりお化けはいてる』という風にしたいわけですか?」と食って掛かります。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク