90s

CD化でファン激怒!『はねるのトびら』で起きた「ブサンボマスター騒動」

CD化でファン激怒!『はねるのトびら』で起きた「ブサンボマスター騒動」
※写真はイメージです
今から10数年前に、一大ブームとなった「青春パンク」。代表的なバンドを挙げると、175R、ガガガSP、銀杏BOYZ、B-DASH、ジャパハリネットなど……。

中高生特有の青臭さ。それをまるで勲章のように歌い上げるそのスタイルは、男子学生を中心に絶大な支持を集めたものです。
直撃世代だった現在の30代前半の中で、地元のカラオケボックスに入り浸り、フリードリンクで喉を洗いながら、夜通し歌い明かした思い出がある人も多いのではないでしょうか?

『世界はそれを愛と呼ぶんだぜ』でブレイクしたサンボマスター


こうした青春パンクの中でも、一際異彩を放ったグループの一つが、サンボマスターです。2000年から活動を開始していた彼らの転機は、2005年。フジテレビ系のテレビドラマ『電車男』の主題歌に『世界はそれを愛と呼ぶんだぜ』が抜擢されたことで、一躍その名を世間に轟かせます。
フロントマン・山口隆の振り絞るように歌いながら、ギターを必死にかき鳴らすその泥臭いパフォーマンスは、青春パンクとは何たるかを雄弁に語っているかのようでした。

酷すぎたデフォルメメイクも話題に


そんなサンボマスターを、コントに仕立て上げたのが『はねるのトびら』でした。その名も“ブサンボマスター”。
ドランクドラゴン塚地・インパルス堤下・キングコング梶原によるこのパロディは、災難に見舞われた青年役のキングコング西野の前に突如、ブサンボの3人が現れ、「お兄さんの気持ちはねぇ、痛いほど良くわかるんですよ!」と言った後に、オリジナル楽曲『言いたいことも言えずに』を披露するというもの。計8回放送されましたが、全て同じ筋立てで展開されました。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「CD化でファン激怒!『はねるのトびら』で起きた「ブサンボマスター騒動」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    今現在、フジディスリやってる奴ほどこのCDを買ってるんだろうな。世間なんてそんなものさ。

    0
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年2月19日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。