子どもの頃に家出して以来、ずっと洞窟などで40年以上暮らした男の半生をおったドラマ「洞窟おじさん」。原作は、実在人物(加村一馬)の自伝とも言える「洞窟オジさん」(小学館)(→レビュー

もともと2015年7月にNHK BSプレミアムで放送されたドラマだったが、完全版としてNHK地上波に初登場。先週12日に全4話中の2話まで、残りの2話が本日(2/19)15時より放送される。
戦慄のほぼ実話「洞窟おじさん」完全版「お腹空くよりイノシシよりも、人が怖いんです」
鳥は餌のミミズなどを置き、竹のしなりで、首を突っ込んで来た小鳥を弾いて獲ります鳥は餌のミミズなどを置き、竹のしなりで、首を突っ込んで来た小鳥を弾いて獲る(取り調べでの加山の図解もとに)
イラスト/小西りえこ

俺の家は洞窟だ


ドラマは、平成15年、56才の加山一馬(リリー・フランキー)が、自販機から小銭を盗もうとして警察に捕まるところから始まる。
取り調べにて、カツ丼と引き換えに自供がはじまる。育った「自宅」とは、なんと「洞窟」。当然それを信じない刑事。

「嘘じゃねー!俺の家は洞窟だ、俺の家は洞窟だ!」

取り調べで、語られた事実は壮絶だ。

群馬の山あいの貧しい一家に生まれた加山(原作では加村)は、6人の兄弟(原作では8人)の中でなぜか親兄弟から「臭い」だの「恥ずかしい」だのとつま弾きにされ、学校でも疎外される毎日。
親は、加山の飯だけ少なくし、文句を言うと折檻を繰り返す。
13才のある日、加山は父親の好物のマムシの干物(自家製)をこっそり食べてしまう。激怒した父親はさらなる折檻、母親も止めるどころかいっしょに折檻。

ついに加山は、唯一の友達である飼い犬と逃げるように家を飛び出した。

一週間かけて、たどり着いたのは、40キロ離れた銅山廃れゆく足尾付近。

この記事の画像

「戦慄のほぼ実話「洞窟おじさん」完全版「お腹空くよりイノシシよりも、人が怖いんです」」の画像1 「戦慄のほぼ実話「洞窟おじさん」完全版「お腹空くよりイノシシよりも、人が怖いんです」」の画像2