90s

レジェンド山本昌が語った大谷翔平の課題とは?

レジェンド山本昌が語った大谷翔平の課題とは?
※写真はイメージです
50歳まで現役を続け、プロ通算219勝を挙げた大投手・山本昌。そんな彼が昨年に発売した『ピッチングマニア』にて、大谷翔平の投球について語っている。

山本昌が語った大谷翔平の弱点


著書によると、メジャーリーグで活躍するダルビッシュ有や田中将大と比べると未完成な部分があるとしつつも、潜在能力的には世界一になれる素質を持っていると絶賛。しかし、山本氏の目からすれば、大谷には未完成と感じる部分があるという。

その未完成の部分は、疲労が溜まっていたり調子が悪かったりした時、「顔がラインからずれること」。これはつまり、「投げたい方向に向かって、真っすぐ一本のラインを作る」ことができているかということだ。
山本氏によると、良いピッチングをするためには、キャッチャーミットに向かう一本のラインを作って、体をそのラインに乗せることが大事だという。これができることによって、コントロールが安定し、ストレートがシュート回転することになくなると著書の中では語られている。

確かに大谷はシーズン中、コントロールが安定しないことが指摘されることが何度か見られた。つまり、山本氏の指摘通りに投げることができれば、コントロールがより安定し、さらに手が付けられなくなる存在になるのではないだろうか。

対談でもコントロールの話題に


また、2016年のシーズンオフに『NEWS ZERO』で行われた山本氏と大谷の対談でも、コントロールに話題が及んだ場面があった。山本氏が「僕の理想はアウトコース一本で抑えられること」と語ったことについて、大谷も同調。
大谷自身、打者として投手と対戦した際にコントロールされたアウトコースを投げられると、狙っていても強い打球をなかなか飛ばすことができないらしい。そのため、自身が投げる時もしっかりアウトコースに投げられることが大事と語った。

今シーズンは怪我で出遅れた感のある大谷であるが、もしかするとコントロール力が増し、手が付けられなくなった姿を見られるかもしれない。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「レジェンド山本昌が語った大谷翔平の課題とは?」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    根拠のない批判。嫌いだったら見るな。

    1
  • 匿名さん 通報

    やきゅうオタクは嫌いです。

    0
  • 匿名さん 通報

    大谷は嘘つきだし・・・

    0
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月3日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。