山田孝之がカンヌ映画祭でパルムドールになるために映画を撮る……というコンセプトのドキュメンタリードラマ『山田孝之のカンヌ映画祭』。
テレビ東京系で金曜深夜0時52分放映。テレビ東京オンデマンドでも見られる。
「山田孝之のカンヌ映画祭」8話。芦田愛菜、本物の包丁で監督の腹を刺す
山田孝之、リアルを追求するため、無職の人を集めてオーディションをする

8話は「山田孝之 キャスティングをする」
河瀬直美のおしかりと洗礼をうけた7話。覚醒後、ものすごい勢いで迷走を始めたかのように見える。
しかし、彼の考えは意外と一貫しており、ブレていない。パイロットフィルム時から言い続けているのは「本物を使いたい」。

無職オーディション


リアルに前科がある人達の中から、オーディションをしたい、と山田孝之は言う。
芦田愛菜演じる「らいせ」の母親の、愛人。前科のある人たちを従業員に雇っている男性という設定だ。
だから実際に前科のある人を起用したい、空気がにじみ出る人がいれば、俳優も引っ張られていい効果がある、と言う。

「やめない?」と真顔で言う山下敦弘監督。そこで「無職の人に募集をかける」という折衷案が出る。
山田孝之「定職についてない人を集めてその場で(前科があるか)聞きます。可能性は高いかもしれないですね、定職についてるよりは」
ものすごい偏見と差別っぷり。
このざっくばらんさが、プロジェクトを進めてきた原動力なのは事実。ブレーキを踏む気配を見せない。

三文芝居祭り


刺されて死ぬシーンのオーディション。
素人(多分)の反応が見られるのが楽しい。
集まった自称・無職の人たちが、芦田愛菜と演技をする。