90s

桑田真澄が語る野球の"常識"「シュートは肘に負担がかからない」

桑田真澄が語る野球の"常識"「シュートは肘に負担がかからない」
※写真はイメージです
今までのプロ野球を振り返ってみると、多くの投手が肘痛や肩痛に悩まされてきた。
原因として、様々なものが挙げられるだろうが、変化球による負担が指摘されることも多い。

その中でも、シュートは一般的に投手の肩や肘に負担のかかる球だと言われている。実際にシュートを武器に活躍した元ヤクルトの川崎憲次郎は、右肩痛に悩まされ続けた。

「勉強すれば当り前」桑田真澄の考え


しかし、巨人のエースとして活躍した桑田真澄は肩や肘に負担がかからないと語っている。
『桑田真澄 ピッチャーズバイブル』では、「一番負担がかかる球はカーブとスライダー」と語っている。これには桑田なりの考え方がある。桑田によると、スローイングは人間の体の作り上、腕は必ずシュートを投げる方向に動く。だからシュートは体に負担がかからないが、スライダーやカーブは腕を逆にひねるため、負担がかかるそうだ。

本書では、「解剖学と運動心理学を勉強すれば当り前の話なんですよ」とシュート=肩肘に負担がかかるという考えを一蹴している。

東尾修との対談が参考に?


また、同書でシュートの投げ方について、桑田は「ストレートと同じように投げる」と語っている。

この投げ方については、ある大投手のアドバイスが生かされているのではないだろうか。
1989年に行われた東尾修との対談(『完本 桑田真澄』に収録)で、「シュートはどう投げたんですか。ヒジに悪いとかいわれてますけど」と大先輩にあたる東尾に質問した桑田。

あわせて読みたい

  • 西本聖「わずか4勝で放出も、翌年20勝を挙げた反骨のベテラン投手」【プロ野球世紀末ブルース】

    西本聖「わずか4勝で放出も、翌年20勝を挙げた反骨のベテラン投手」【プロ野球世紀末ブルース】

  • 「遅球」投手のストレート論、山本昌や上原浩治が明かした技術とは?

    「遅球」投手のストレート論、山本昌や上原浩治が明かした技術とは?

  • レジェンド山本昌の変化球論、「腐ったミカン」と語る変化球とは?

    レジェンド山本昌の変化球論、「腐ったミカン」と語る変化球とは?

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2017年3月13日の90s チョベリー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース