review

『ビートたけしと北野武』タモリ派の著者がクールに掘り起こすたけしにたけし派の俺が思ったこと

       
俺がいちばん、たけしを好きだ。“たけし派”は皆、そう思っている。たけしを分析する書籍は数多あるのだが、結局そのほとんどはたけしへのラブレターでしかない。データを元に客観的に分析しようと試みたものの、どこかに必ず恋文の匂いが漂ってきてしまう。

2015年に出版された『タモリと戦後ニッポン』にて一躍名を馳せた近藤正高氏が、今月新たに発表した本のタイトルは『ビートたけしと北野武』
『ビートたけしと北野武』タモリ派の著者がクールに掘り起こすたけしにたけし派の俺が思ったこと
『ビートたけしと北野武』近藤正高/講談社
青が彩られたデザインは、なんと「キタノブルー」を表したものだそう。

私は著者と微かながらも親交があるのだが、彼は生粋の“タモリ派”である。私とは一学年しか違わなく、そしてこの世代でタモリの方へ“付く”タイプは実は極めて珍しい。我々が自我を作り上げるためスポンジのごとく文化を吸収していた中高生時代、今振り返るとタモリは紛れもなく“暗黒期”に差し掛かっていた(この辺は『タモリと戦後ニッポン』を参照していただきたい)。だからこそ、氏の嗜好は余計に生粋なのだ。

そんな彼が手掛けた“たけし本”。その語り口は、極めてクールである。そして、よく切れるナイフを見るような気持ち良さがあった。

シンパをエクスタシーさせる「たけし」と「大久保清」の対比


繰り返すが、今回の本のタイトルは『ビートたけしと北野武』。要するに、たけしが持つ二面性に迫る一冊である。「振り子の理論」を事あるごとに唱えるたけしを知る我々からすると、非常に腑に落ちる観点だ。
今回、たけしの人物像を掘り起こす材料として用いられたのは、彼が演じてきた現実の人物や事件を題材とするドラマ等の映像作品。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「『ビートたけしと北野武』タモリ派の著者がクールに掘り起こすたけしにたけし派の俺が思ったこと」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    笑える。人の人生や考えが客観的に他人が分析して答えが出るほど明確な根拠なんて無く、殆どが無意識と偶然の産物じゃないんでしょうか。あとずけの分析なんぞジャンケンの後出しと同じだろうに。

    4
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「本」のニュース

次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「出版」のニュース

次に読みたい関連記事「出版」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月20日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。