「現在発行されている日本の紙幣の中で、女性が描かれているものは?」というクイズがあったとする。みなさんはどう答えるだろうか?
おそらく「5000円札」という解答が多いと思われる。5000円札には明治時代の女性作家・樋口一葉が描かれている。

しかし5000円札という答えでは半分しか正解していない。パーフェクトな解答は「5000円札と2000円札」だ。2000円札の裏面には平安時代の女性作家・紫式部が描かれている。

2000年7月に発行開始された2000円札は、存在自体がレアといえる現行の通常紙幣だ。導入当時のエピソードと現在の状況を追った。

大蔵省印刷局で製造されたものしか存在しない2000円札


まずは2000円札の基本情報から確認してみたい。
2000円札は、1999年に当時の小渕恵三総理の発案で発行が決定された。翌2000年、ミレニアムと沖縄サミット開催に合わせて流通が開始される。表面には、沖縄が誇る世界遺産・首里城の表門である守礼門が描かれている。記念紙幣ではない。あくまでも通常紙幣である。

だが通常紙幣にも関わらず、2003年以降は製造されていない。というのも、紙幣は汚れたり古くなったものを日本銀行が回収・廃棄し、国立印刷局が新しいものを製造する。
ところが、2000円札はほとんど使われていないため汚れないのだ。だから回収する必要がなく、したがって製造する必要もない。

現在流通している1000円・5000円・1万円の紙幣には「国立印刷局製造」という文字が印刷されている。
しかし2000円札には、「大蔵省印刷局製造」とプリントされているものしか存在しない。当時の大蔵省(現・財務省)管轄で印刷されたもの以降、2000円札は製造されていないのだ。

発行当初は大注目された2000円札


ネット上ではここ数年、「コンビニで10代のアルバイトに2000円札を渡したら、『見たことのないお札なので店長に確認します』と言われた」という書き込みが目立っている。もはや若い世代は見たことがないほど、まぼろし化してしまった2000円札。

しかし発行当初は16年ぶりの新紙幣登場ということで、2000円札には大きな注目が集まっていた。発行初日には2000円札を求める人々が銀行窓口に行列を作り、その姿がニュースになったほどだ。

だが1年もしないうちに、2000円札は人々から厄介な紙幣というレッテルを貼られることとなる。