review

「ひよっこ」6話。ただ稲刈り風景を堪能した

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第1週「お父ちゃんが帰ってくる!」第6回 4月8日(土)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:黒崎博 視聴率20.1% 前日比↑
イラスト/小西りえこ

6話はこんな話


谷田部家の家族総出とご近所さんに手伝ってもらって稲刈りが行われた。

日本の原風景だっぺ


土曜日の朝、ゆったりとした時間が流れ、とても心地よかった。
宗男叔父さん(峯田和伸)が「日本の原風景」と言ったのは少年が寝ている姿に対してだが、やっぱり稲刈りは日本の原風景なんだろう。

脚本家の岡田惠和は、とくに何も起こらず15分会話しているだけでも朝ドラを成立させることができると言っていて、実際、稲刈りの1日を15分で描ききった。すばらしい。
稲刈りしながら登場人物たちの会話のリレーを行って話をつないでいく流れは、まさに「口も動かしてっけどても動かしてっと」という宗男叔父さんのセリフのようだ。
増田明美の稲刈り講座的ナレーションもわかりやすかった。

「ひよっこ」には、増田明美の客観的なナレーション、主人公みね子の心情を吐露するモノローグ、狂言回し的な宗男と、何ヶ所にも話をわかりやすくする人が配置されている。このように説明部分を多層化することで、あらゆる視聴者に対応可能となる。とても考え抜かれた脚本だと思う。

稲刈り中の会話のなかから時子(佐久間由衣)はまだ母(羽田美智子)に東京のトランジスタラジオ工場に働きに出ることを許してないことがわかる。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「ひよっこ」

朝ドラ「ひよっこ」

家族のために懸命に生きる主人公と個性豊かな登場人物たち、そして笑いと涙のハートウォーミングなストーリーで 最高視聴率22.2%を記録したNHK連続テレビ小説。ヒロインのみね子を有村架純が演じた。2017年4月3日〜9月30日放送。

お買いものリンク