90s

1994年はバッシングの当たり年! やり玉に挙がった芸能人・著名人は?(前編)

ワイドショーのメインコンテンツともいえる芸能人・著名人のバッシング。ベッキー、乙武洋匡、成宮寛貴、江角マキコ、清水富美加、茂木健一郎などなど、ここ最近は特に全人格を否定する勢いで袋叩きにされている印象だ。

元々は、女性週刊誌のお家芸だったこの流れ、テレビに本格進出して来たのは大物へのバッシングが相次いだある年からではないか、と筆者は考える。
その年とは94年。様々な理由から、数多くの芸能人・著名人がやり玉に挙がり、ワイドショーが連日フィーバーしていたのである。

不倫バッシングで窮地に立たされた松田聖子だったが…


神田正輝との結婚後、数々の不倫疑惑が報じられた松田聖子。特にワイドショーを賑わしたのは、3年におよぶ関係にあったとされるアメリカの無名俳優との不倫騒動だろう。

2人の関係は90年秋に発覚。写真誌が東京ディズニーランドでのデートやホテルでの密会をスクープしたのが発端だ。当時の聖子は活動の拠点をニューヨークにしており、信ぴょう性も十分。ワイドショーや週刊誌の報道は過熱して行ったが、時とともに騒動は沈静化していた。

しかし94年春、2人のキス写真が流出。さらに噂の交際相手が暴露本を出版する自体となる。タイトルは『真実の愛』。聖子直筆のラブレターや親密な写真なども公開する念の入りようだった。要は、捨てられた恋人の腹いせ&売名行為である。

これを受け、聖子は「キスはアメリカではよくある挨拶」「相手はアルバムのデュエット相手で、英会話教師」

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「1994年はバッシングの当たり年! やり玉に挙がった芸能人・著名人は?(前編)」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    石原軍団とサンミュージックが枕営業の関係で、松田聖子は石原裕次郎の愛人と言われていたと。郷ひろみと交際してた聖子は神田正輝を好きになった為、急いで一方的に郷との破局会見をした。

    13
  • 匿名さん 通報

    芸能界なんてヤクザ社会に生息している奴なんて、腐れビッチかチンピラなのは当たり前。

    6
  • 匿名さん 通報

    裕木奈江むっちゃ可哀想やん!

    0
この記事にコメントする

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク