90s

ポケベル全盛期に制作! 1993年の『ポケベルが鳴らなくて』を振り返る

ショルダーフォンからPHS、液晶画面付き携帯、第3世代(3G)携帯電話、そしてスマホへ……。

これまで多様な進歩を続けてきた携帯型通信機器。なかでもモバイル通信の歴史において、異彩を放つ過去の遺物といえば、「ポケベル」でしょう。

ポケベルことポケットベルは、完全受信型の通信端末。日本では、1968年に日本電信電話公社よりサービスが開始し、80年代後半から通信速度の高速化・低料金化が進み、利用者数が拡大。
90年代に入ると、女子高生を中心に一大ブームとなり、数字を使った語呂合わせでメッセージを送るという暗号のような言葉遊びが流行します。

若者の間でブームになったポケベル


たとえば、「0833=おやすみ」「114106=あいしてる」などの基本的なものから、「999=サンキュー」、果ては、「-015=ボウリング行こ」まで(「-0」はボウリングを意味)。

今の常識から考えると、なんとも不便。けれども、手紙と固定・公衆電話しか連絡手段がなく、好きな子の家に電話しようにも、親御さんが出たらどうしよう……などとビクビクしなければならなかった時代。
当時の若者にとって、気軽に持ち歩けていつでも連絡を受けられるポケベルが、いかに画期的なものだったのかは、想像に難くないというものでしょう。

そんなポケベルが隆盛を誇っていた90年代前半。一つの象徴的なメディアコンテンツがつくられて、大きな話題を呼びました。それが本稿で紹介する『ポケベルが鳴らなくて』です。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ポケベル全盛期に制作! 1993年の『ポケベルが鳴らなくて』を振り返る」の みんなの反応 2
  • ベル男 通報

    ポケベルの全盛期は1993年ではありません。ポケベルの契約数が最大だったのは1996年であり、数字の語呂合わせではなくカナでメッセージのやりとりが出来たこの年が全盛期と言えます。

    1
  • 匿名さん 通報

    96年の頃 携帯電話のPHSとポケベル所有してなかったです。テレフォンカードしか持っなかったのと小銭で電話かけてたくらい あと自宅の固定電話から電話うけてました。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年5月7日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。