smadan

不倫の男女格差論 ~なぜベッキーは叩かれて渡辺謙は叩かれないのか?~【勝部元気のウェブ時評】

「不倫する自由」に大きな男女格差がある


そもそも「不倫する自由」に大きな男女格差があります。それに影響しているのが、2つ目の時間的制約の格差です。

というのも、「ワンオペ育児」という言葉もあるように、共働き夫婦であっても家事育児の分担率は女性が50%を占めているカップルが圧倒的多数です。子育てという定点発生のタスクが生じていれば、当然不倫を行うことのハードルも上がるわけですから、女性のほうが不倫に対する制約があると言えるでしょう。

昨年、乙武洋匡氏が不倫した際には「息子が生まれ妻が母になった」という発言をしていましたが、このようなことを言う男性は少なくありません。でも妻が母になるのは、夫が父にならない(=家事育児をしない)から。

そう言うと、「長時間労働だから家事育児をする時間は無い」という反論が返ってきそうですが、それなのに不倫する暇はあるというのでしょうか? 家事育児よりも不倫優先というのであれば、完全に「家庭放棄」「育児放棄」です。

その一方で、子育ては女性の業務という性別役割分業意識が根強いこともあって、女性の不倫に対しては、実際に子育てをしっかりこなしているか否かにかかわらず、「育児放棄だ!」「母親失格だ!」というレッテル張りが付きまといます。それが女性に対する不倫への抑圧として働いている面もあるでしょう。

確かに本当に子供を顧みないのは問題ですが、不倫をしている女性は多くの場合、子育て時間を削減して不倫に走っているわけでないので、その指摘は誤りだと思うのです。むしろ不倫している日本人男性のほうこそ育児をまともにしていない人が大半のわけですから、育児放棄で父親失格と言えるのではないでしょうか?


これからの時代、男社会の身勝手さはダサい


今回は不倫に関する男女格差の問題について見てきました。このように男性に限定して不倫を肯定しようとしても、「論理的矛盾と自分勝手さを自ら平然とさらけ出してダサい」という結果に陥るだけなのですが、本人たちはそれに全然気が付いていません。

私たちは彼等を反面教師にして、「男性不倫免罪論」は人として恥という自覚をしっかりと持って、より良い関係と良好なパートナシップを築いていきたいものですね。
(勝部元気)

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

勝部元気のウェブ時評

勝部元気のウェブ時評

コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

2017年4月13日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。