smadan

くだらないマナー・因習・忖度だらけの会社の飲み会は廃止にしよう

4月も下旬に差し掛かり、職場で新入社員の歓迎会を実施したという人も多いのではないでしょうか。それに合わせてメディアでは飲み会のマナーに関して、新入社員が気を付けるべきポイントを伝える記事も少なくありません。

ただ、そのようなマナー啓発記事を見る度に、私は「実に下らない…」と思ってしまいます。お店の中で大きな声で騒いだり、一気飲みをしたり等のような、大学生のサークルノリではいけないことも多いのは確かかもしれないですが、“社会人”の飲み会のマナーと言われているものの中には不要なものに限らず、社会にとって害悪となるものも多いと思うからです。


ビールのラベルを上にして何の意味があるのか


くだらないマナー・因習・忖度だらけの会社の飲み会は廃止にしよう

不要なものの例として真っ先に思いつくのが、「ビールを注ぐときはラベルを上にして注ぐ」というマナーでしょう。

ラベルを上にすると見栄えが良いというのは分からなくもないですが、ラベルを上にすることで何の効用を生むというのでしょうか? また、ラベルを下にすることで社会に何の損失が生じるというのでしょうか? 完全に「因習(マイナス面が多いにもかかわらず残っている古いしきたり)」です。

自分で注ぐ時はラベルの向きをいちいち気にしないように、誰が注ごうと気にしなければ良い話です。ラベルというのはビール会社が勝手にくっ付けたものですから、そのようなものにいちいち振り回されているのは馬鹿馬鹿しいと感じてしまいます。ラベルを下にされたくらいで不快感を覚える人は器が小さ過ぎまし、そんなことで心証を悪くする上司や先輩は仕事ができないと言っても過言ではないでしょう。


飲み会でお酌させるなら会社は残業代を払え


そもそも「お酌文化」自体が要りません。自分のことは自分ですれば良い話です。自分でできないことを人にやってもらうというのなら分かりますが、自分でできることをわざわざ代わりにやってもらう必要は一切ありません。

また、自分が飲みたい分だけ自分のグラスに注げば良い話です。おそらく自分のペースで飲みたい人も多いことでしょう。積極的にお酌をしてくる人に対して、わざわざ断るのも申し訳なく感じて、要らないのに注いでもらったという経験がある人もいるのではないのでしょうか。これでは両損の状態です。

さらに、お酌文化が行き過ぎると、新人・若手社員に対して「上司や先輩のグラスを空にしてはいけない」という義務が発生します。新人・若手社員にとっては神経を研ぎ澄ませて常にチェックを怠らないようにしないといけないのですから、飲み会はもはや仕事です。むしろ「飲み会のほうが仕事以上にストレスを感じる」という人も少なくありません。

飲み会でのお酌に給与は発生しませんが、明らかに仕事に関係のある行為とされているわけですから、「サービス残業」とも言えるでしょう。厚生労働省は「明示せずともお酌を推奨したのにもかかわらず、報酬を支払わない場合は残業代未払いに該当する」という方針を発表するべきだと思います。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る 2017年4月21日のスマダン記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

勝部元気のウェブ時評

勝部元気のウェブ時評

コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース