90s

SMAPの振付を担当していた意外な人物とは

今年、久々に熱愛報道が流れた中居正広。お相手は、AKB48やNMB48の振付師でダンサーの武田舞香さんだった。
武田さんは安室奈美恵や加藤ミリヤらのツアーダンサーとしても活動していた実力派で、中居とはSMAPの代役ダンサーとして知り合ったという。

SMAPのダンスというと、ジャニーズ事務所の取締役副社長・メリー喜多川氏が週刊誌の取材で「SMAPは踊れないじゃない」と言い放った件がファンの波紋を呼んだが、SMAPだって踊っているのである。なかでも中居はダンスが得意な方だ。

『世界に一つだけの花』の振付けはKABA.ちゃんが担当


SMAPの代表曲『世界に一つだけの花』の振付けは、オネエタレントのKABA.ちゃんが担当している。作詞・作曲が槇原敬之。1999年に違法薬物所持で懲役1年6カ月、執行猶予3年の有罪判決を受けて表舞台から姿を消していた槇原に曲を依頼しようと言い出したのが中居だという。

『世界に一つだけの花』は、アルバム『SMAP 015/Drink!Smap!』(2002年7月リリース)の収録曲だったが、ファンのあと押しで、2003年に新たなアレンジでシングルカットされた。

同曲は、誰でも簡単に覚えられるような手振りがついている、SMAPの中では珍しい楽曲だ。KABA.ちゃんによると、木村拓哉から「みんながひとつになれるような振付けにしてほしい」とリクエストがあったという。そしてできあがったのが、子どもも大人もマネできるシンプルな振付け。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク