「祝 脱・独身」

4月28日、『とくダネ!』(フジテレビ系)で、MCの菊川怜(39)が実業家の穐田誉輝氏(48)との結婚を発表した際、割られたくす玉から出てきたこの垂れ幕に、各方面から批判が相次ぎました。

ネット上では「独身はいけないことなのか?」「セクハラではないか?」と疑問視する声が噴出。また、同局の亀山千広社長は定例会見で「もう少し配慮があってよかった」と苦言を呈し、フリーアナウンサーの小島慶子は自身のTwitterで「人としてめちゃくちゃ感じ悪い」と嫌悪感を露わにしたのです。

確かにゼクシィですら「結婚しなくても幸せになれる時代」とのキャッチコピーを打ち出すこのご時世において、この垂れ幕はあまりにもナンセンス。

というよりもおそらく、菊川自身もかつてはこうした「独身イジリ」をかなり嫌っていたと思われる事件が、今から10年ほど前に起こりました。

毒舌なあだ名命名芸で売っていた10年前の有吉弘行


それは、2008年に放送されたバラエティ番組『悪魔の契約にサイン』(TBS系)の収録において、有吉弘行と共演したことが原因で起こりました。

事件の真相は、2008年11月14日放送の『加藤浩次の吠え魂』、2009年10月22日放送の『ケンドーコバヤシのテメオコ』、2010年10月21日放送の『おぎやはぎのメガネびいき』などで、“加害者”を含めた当事者の口から度々語られています。

各番組では、“被害者”となった女優の実名が明かされませんでしたが、加藤の「20歳くらいの女の子なら分かるけどさ、30歳代なんだぜ」「(収録日は)マツコデラックスの誕生日だった」という発言などから、菊川怜ではないかと推測されています。