review

第17回「IPPONグランプリ」徹底解説。サンシャイン池崎健闘、大喜利を愛し、大喜利に愛される男たち

空前絶後の大喜利王決定戦『IPPONグランプリ』(5月13日放送 フジテレビ系列)。
17回目を迎える今回は、ベテラン・木村祐一とルーキー・サンシャイン池崎が初参戦。大喜利を愛し、大喜利に愛される男は、一体誰なのか?
第17回「IPPONグランプリ」徹底解説。サンシャイン池崎健闘、大喜利を愛し、大喜利に愛される男たち
イラスト/小西りえこ

Aブロック:前回決勝進出者、またも激しくぶつかる


Aブロックの回答者は、バカリズム、ふかわりょう、博多大吉、サンシャイン池崎、川島明(麒麟)の5人。

ふかわりょうとサンシャイン池崎は同じ事務所の先輩後輩(ワタナベエンターテイメント)。「前世から呼吸するように大喜利やってましたッ!」と目を剥く池崎を、ふかわ先輩は「持久力に疑問が」と心配する。

しかし、第1問第2問とふかわは絶不調。0点を4つも取ってしまい「後輩の心配するのやめました」と前言撤回。司会進行の榎波アナに「サンシャインさん」と呼ばれる池崎も低空飛行が続き、0点を取っても「キタキタキタ!」と逆に興奮してしまう事態に。

そんななか気を吐いたのは、前回決勝戦で戦ったバカリズムと川島の二人。第3問「寝相が悪いことで有名な田所さんの伝説に残るエピソードを教えて下さい」では、2人合わせて5つも1本を取った。

・(食事しながらテレビを見ている絵)もう起きてるとしか思えない(バカリ)
・(絵回答)電車でうたた寝しててつり革に全身入ってた(川島)
・田所が寝相でむちゃくちゃにしたブドウ畑のブドウをなんとかしようとしたのが始まりです。ボジョレー・ヌーボー、今年も解禁です(川島)

あわせて読みたい

  • 凄い戦い!「IPPONグランプリ」解説

    凄い戦い!「IPPONグランプリ」解説

  • 陰陽頂上決戦 IPPONグランプリ徹底解説

    陰陽頂上決戦 IPPONグランプリ徹底解説

  • バカリズムと板尾、今夜「IPPON」対決

    バカリズムと板尾、今夜「IPPON」対決

  • フジモンのフォロー「ドキュメンタル」

    フジモンのフォロー「ドキュメンタル」

  • レビューの記事をもっと見る 2017年5月14日のレビュー記事
    「第17回「IPPONグランプリ」徹底解説。サンシャイン池崎健闘、大喜利を愛し、大喜利に愛される男たち」の みんなの反応 2
    • 匿名さん 通報

      千ョン芸人の醜い祭り。芸能人なんて千ョンの糞だまり。見るもんじゃない。

      9
    • 深キョン 通報

      見るんじゃない。観るんだ。感じるんだ。(内容よりもopの絵が好きです。)

      3
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース