藤原竜也演じる『リバース』深瀬があらゆる点で完璧に「深瀬」
ツイッター上にはこんな非公式の「深瀬」も。

『夜行観覧車』『Nのために』に続き、湊かなえ原作+TBS金曜10時ときたら、まず間違いないと思われたドラマ『リバース』。

ところが、実際に観てみると、期待以上。特に原作よりも細やかで深く、丁寧なキャラクター描写には、唸らされることが多い。

なかでも、藤原竜也演じる、間が悪く、地味でサエない深瀬和久は絶品だ。

一般的にドラマが破綻する要素の1つに、「キャラクターがぶれること」がある。主人公をはじめとした、メインキャラの言動に一貫性がないと、どうしても物語全体の説得力がなくなってしまうからだ。

逆に、大きな物語がなく、何も起こらなくとも、キャラクターの描き込みが緻密で一貫性があれば、良作になるケースも多々ある。
その点、藤原竜也の「深瀬」は、完璧だ。いかに完璧な深瀬なのか、以下に振り返ってみたい。

見た目が完璧に「深瀬」


服装がことごとく絶妙に「深瀬」感を出している。ネット上には「ダサ可愛い」という声も多数あるが、よく着用しているボーダーやノルディック柄のニットにしても、ともすればオシャレになりかねないが、ボーダー幅や柄の色合わせが絶妙にダサい。
また、同じアイテムでも着こなしによってはかっこよくなりかねないのに、サイズ感がジャストなのが素晴らしい。
しかも、ニットの下にはきちんとボタンを上までとめてシャツを着ている。
オーバーサイズをゆるっと着てみるなんてこと、深瀬はしないし、袖をまくってみたり、抜き感を出してみたり、絶対にしない。だって、オーバーサイズやゆるっとした着こなしは、深瀬にとって「落ち着かない」「気持ちが悪い」ものだろうから。暑くもないのに、腕まくりする意味もない。

仕草が完璧に「深瀬」


喋り方がオドオドしていたり、噛んだりするのは序の口。
座るときに鞄を両手で胸に抱えていたり、やや内股だったりする奥ゆかしさも、「深瀬」らしい。
オフィスでコートを先輩や同僚が脱がせてくれたシーンでは、そのまま接客に行くが、ベストがズレていた。コートを脱がされる際に引っ張られてズレたベストに気づかず、そのままの深瀬。
上着を脱いで下に着ていたものがズレるなんてことは、日常の光景ではよく見るものだが、ドラマや映画の中で見ることはめったにない。芸が細かすぎる。