bit

カンヌ映画祭の期間中、現地の物価はどれくらい高いのか?

       
カンヌ映画祭の期間中、現地の物価はどれくらい高いのか?

5月17日にカンヌ国際映画祭が開幕した。第70回という節目の年となった今回、コンペティション部門に河瀬直美監督の『光』、「ある視点」部門に黒沢清監督の『散歩する侵略者』、コンペ外部門に三池崇史監督の『無限の住人』と、日本人監督の作品もいくつか招待されている。

ベルリン、ベネチアと並び世界3大映画祭の1つであるカンヌは、各国映画関係者にとって重要なイベントだ。現地メディアによれば、映画祭には約4万5000人の参加登録があり、そのうちメディアは約4500人に上るという。それはカンヌで商売を営む人や会社にとっても、1年に1度の稼ぎどき。というのも映画祭の時期は、人口約7万人の南仏の町に観光客など含め約20万人が集まり、人口は3倍に膨れ上がるからだ。

映画祭期間中、現地は実際どれくらいの物価なのか? 

ホテルは約3倍の値段に


2週間にわたって開かれる映画祭の期間中、ホテルの宿泊価格がもっとも値上がりするのが、前半1週間だ。
カンヌ映画祭の期間中、現地の物価はどれくらい高いのか?

ドイツの旅行比較サイト運営会社Holiduによれば、開幕後前半1週間のカンヌの宿泊価格は、閉幕後の1週と比べて68%が上がり、1施設1泊当たりの平均宿泊価格は446ユーロ(約5万5000円)だった。一方で、後半1週間の上昇割合は46%、平均宿泊価格も1泊256ユーロ(約3万2000円)と、前半に比べれば下がる。そして閉幕後の週は平均1泊144ユーロ(約1万8000円)に落ち着く。

民泊仲介サイトや売買などを扱った仏クラシファイドサイトで、短期在在の部屋を探すこともできるが、それでも普段と比べれば高い。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年5月21日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。