review

2010年代、朝ドラを「みんな」が見るようになった理由『みんなの朝ドラ』

エキレビ!の名物となっている朝ドラ(NHKの連続テレビ小説)全話レビュー。その発端は2013年の『あまちゃん』の週刊レビューで、2015年の『まれ』以降は、放送のない日曜以外は毎日レビューの更新が続いている(この日刊レビューも現在放送中の『ひよっこ』で5作目となる)。これら朝ドラレビューを手がけるライター・木俣冬がこのたび、その名も『みんなの朝ドラ』という著書を講談社現代新書より上梓した。
2010年代、朝ドラを「みんな」が見るようになった理由『みんなの朝ドラ』
木俣冬『みんなの朝ドラ』(講談社現代新書)。歴代の朝ドラが時代物も含め、いかに同時代の社会の変化に対応してつくられてきたかも、詳細なデータにもとづき考察されている

朝ドラ再起は放送時間の変更から


以前より「木俣さんによる朝ドラの総論が読みたい!」と思っていた私にとっては、まさに帯にあるとおり“待望の朝ドラ論”である。しかも本書は、朝ドラの歴史や近年の傾向を俯瞰しつつも、各章ではエポックメーキングな作品についてそれぞれ掘り下げていくという構成になっている。目次は以下のとおり。

序章 2010年代、朝ドラの何が変わったのか――『ゲゲゲの女房』ほか
第1章 国際結婚とつかこうへいイズム――『マッサン』
第2章 食らうことは生きること――『ごちそうさん』
第3章 妾と女中と正妻と――『あさが来た』
第4章 純愛と道ならぬ恋――『花子とアン』
第5章 生涯独身ヒロイン、あらわる――『とと姉ちゃん』
第6章 シングルマザーの現実と誇り――『私の青空』(2000年代作品)
第7章 産めよ育てよ働けよ――『べっぴんさん』
第8章 辛抱だけじゃなかった――『おしん』(1980年代作品)
第9章 人生なめ過ぎな主人公――『まれ』

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事

「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュース

次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年5月21日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 連続テレビ小説 まんぷく

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。