90s

知られざる小室プロデュースの世界……Vシネマ俳優、元メジャーリーガーも小室ファミリー!?

知られざる小室プロデュースの世界……Vシネマ俳優、元メジャーリーガーも小室ファミリー!?
※写真はイメージです
音楽史に燦然と輝く小室哲哉プロデュース作品たち。90年代から00年代前半に掛けての尋常ではないリリースラッシュの中には、人知れず埋もれていった名曲・迷曲も少なくない。

中には意外すぎる「小室ファミリー」もいるわけで……。

白竜『take a deep breath』(1999年11月25日発売)


コワモテ俳優の白竜も実は小室ファミリーの一員だ。99年11月にシングルCDを発売しているが、そもそもが歌手として芸能界デビューしていることをご存知だろうか?

俳優としての出世作は89年の北野武監督のデビュー作『その男、凶暴につき』。たけしと対峙する敵役をド迫力で演じて大きな注目を集め、その後はアウトロー役の第一人者として、数多くの映画で活躍。90年代を代表するカルチャー「Vシネマ」でも大いに存在感を発揮している。

一見、小室との接点がまったく感じられないのだが……。

小室哲哉は「内田裕也ファミリー」だった!?


TM NETWORKでメジャーデビュー以前、小室は様々な歌手のバックバンドを務めていた。当時はキーボード担当が少なかったため、バックバンド要員として小室は重宝されていたという。
特に、ジョー山中や安岡力也を始めとするいわゆる「内田裕也ファミリー」と懇意な関係にあり、白竜のバックバンドも務めていた。そう、駆け出し時代を支えてくれた恩返し的な意味でのプロデュースなのである。

この縁もあって、あの安岡力也の名曲(迷曲?) 『ホタテのロックンロール』のアレンジも担当している。『オレたちひょうきん族』内のコントで、安岡力也扮する「ホタテマン」がブレイク。その流れで1983年にリリースされたコミックソングだ。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「知られざる小室プロデュースの世界……Vシネマ俳優、元メジャーリーガーも小室ファミリー!?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    離れたら売れたって人ばっかりのような気がする。

    1
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年5月27日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。