smadan

自分で残業しない日を決められる「マイ・ノー残業デー」運用のコツ

自分で残業しない日を決められる「マイ・ノー残業デー」運用のコツ

週1回、全社的に残業をしない「ノー残業デー」はすでに多くの企業で取り入れられている。一方、社員が自由に残業しない日を決められる「マイ・ノー残業デー」制度を導入している企業もある。この「マイ・ノー残業デー」にはどんなメリットがあるのか。また、デメリットについても気になるところ。特定社会保険労務士の濱田京子さんに聞いた。

「マイ・ノー残業デー」制度のメリット・デメリット


濱田さんによれば、マイ・ノー残業デーには次のようなメリット・デメリットがあるという。

●メリット
「一番のメリットは、社員の自律を促すことができる点です。全社一律ではなく、自らの計画に合せたスケジュールを立てることができるほか、自ら計画を立てる自由度が高まることにより、効率化を検討するスキルの向上が見込めます。
また、もう一つのメリットとしては、緊急対応の際にも残っている他のメンバーで対応が可能になる点です」

●デメリット
「デメリットとして大きいのは、社員全員が確実に運用していないと、利用しづらい雰囲気になりがちな点です。ノー残業デーに対する個人の意識の差が出やすくなります。個人個人でノー残業デーが異なるため、メンバーを管理する管理職の負担が増えることもあります。
また、一斉のノー残業デーではないため、経営層や人事担当者などがアナウンスにより促すことがしづらいこともあります。電気代、空調代などの設備費の削減についても、あまり期待できません」

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年6月14日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。