review

藤井聡太、連勝記録達成に史上最年長棋士・加藤一二三が燃やす対抗心

昨年14歳2ヵ月の史上最年少で将棋のプロ棋士となった藤井聡太四段が、きのう行なわれた竜王戦決勝トーナメントで増田康宏四段を破り、公式戦29連勝を達成し、30年ぶりに記録を塗り替えた。
藤井聡太、連勝記録達成に史上最年長棋士・加藤一二三が燃やす対抗心
バラエティでも人気者の“ひふみん”こと加藤一二三を各方面から考察する「ユリイカ」2017年7月号(青土社)。人気イラストレーターのヒグチユウコが寄稿した肖像もかわいい

折しも、この日発売された「ユリイカ」7月号は、「加藤一二三 棋士という人生」と題して、つい先日、現役を引退したばかりの棋士・加藤一二三の特集を組んだ(目次はこちら)。掲載された各記事では、当然ながら、藤井四段についても識者や現役棋士が折に触れて論じている。

手前味噌で恐縮ながら、この号には私も「棋士たちの伝説はいかにして生まれたか 坂田三吉から藤井聡太まで」という論考を寄稿し、藤井について《本稿執筆時点で連勝記録を史上二位となる二五まで伸ばして》と書いている。記録更新はある程度予想していたとはいえ、このタイミングで達成されたというのがうれしい。

しかも加藤一二三が現役を引退したのは、「ユリイカ」の発売の直前だった(6月20日)。思えば、昨年来、加藤と藤井聡太はたびたび交差してきた。加藤が62年にわたり保持してきた最年少デビュー記録が藤井によって更新されたかと思えば、加藤もまた今年1月、77歳11日にして現役棋士の最年長記録を塗り替えた。ここ数年、テレビ出演も多い加藤だが、藤井関連でコメントを求められることが増え、ますます出ずっぱりとなっている。そして今回、加藤の引退から約1週間後に、藤井の連勝記録達成と来た。これほどドラマチックな展開は、ほかの分野を見回しても、そうそうあるものではないだろう。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク