smadan

秋葉原の一等地にビックカメラ誕生! ソフマップ時代とどう変わった?

秋葉原の一等地にビックカメラ誕生! ソフマップ時代とどう変わった?
6月22日にグランドオープンを迎え賑わう「ビックカメラAKIBA」

常に変化を遂げる街・秋葉原に、また新たなランドマークが誕生した。
秋葉原駅近くの中央通り沿いに大手家電量販店「ビックカメラAKIBA」が6月22日にグランドオープン。それに合わせてビックカメラ傘下となっている周辺のソフマップ店舗もリニューアルが行われ、周辺はオープニングセールにより賑わいを見せている。


ソフマップを改装して秋葉原の一等地にビックカメラ出店


ビックカメラAKIBAが出店したのは、2007年より「ソフマップ秋葉原本館」として営業していた建物だ。
ソフマップ秋葉原本館はソフマップ本店格の店舗として2007年9月に開店。7階建てで、売場面積は4,637平方メートル。
もともとこの建物は「市川・カンブンドー・ヤマギワビル」としてヤマギワ本店が出店するために建てられたものであったが、ヤマギワ(と提携していた石丸電気)の経営不振を受けてソフマップが出店することになった経緯がある。ソフマップは当時ビックカメラとの提携直後で、店舗整理を行いつつヤマギワソフトの事業を継承するなどして再建を図っていた。
秋葉原の一等地にビックカメラ誕生! ソフマップ時代とどう変わった?
旧・ソフマップ秋葉原本館

秋葉原においては規模の大きな商業ビルの1つであるため、開店より10年に亘って秋葉原の顔の1つとして親しまれており、特に1階から2階の窓全面に設置されるアニメやゲームの大型ラッピング広告はアニメ・ゲームファンにとっての記念撮影スポットの1つとなっていた。
しかし、ソフマップ秋葉原本館は5月31日をもって惜しまれつつ閉館。その後はソフマップを傘下に持つビックカメラの店舗となるべく改装を進めており、6月5日より順次一部売場での営業を開始していた。
秋葉原の一等地にビックカメラ誕生! ソフマップ時代とどう変わった?
窓に掲出される大型ラッピング広告は多くのアニメファンの記念撮影スポットだった

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月3日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。