smadan

なぜ男性にこそ婚活が必要なのか 孤独死を防ぐ「保険」としての家庭【メンヘラ.men's】

「スマダン」読者のみなさんこんにちは。

「男性のためのメンタルヘルス・ケア」をテーマにした連載、【メンヘラ.men's】、第6回のテーマは「婚活」です。

20~30代くらいの男性にとって、婚活というのはもちろん気にかかっているテーマだと思います。

しかし、なんだかんだ言って「結婚に焦っているのは女性」「男はまだまだ余裕」みたいな気持ちも、抱いてはいませんか?

女性が出産可能年齢や経済的問題から婚活に強い関心を抱いている半面、男性側の婚活への意識はそれほど高いとは言えません。女性側のような「焦る理由」が男性にあまり存在しないのがその一因でしょう。

しかし、男性にとってもやはり結婚というのは大切なものなのです。本稿では「男の孤独」という視点から、男性にとっての婚活の意義を改めて問いなおします。

なぜ男性にこそ婚活が必要なのか 孤独死を防ぐ「保険」としての家庭【メンヘラ.men's】


男たちの孤独 「孤独死」を遂げているのは圧倒的に男性


「男の孤独」と言えばなんだかハードボイルドでカッコいい雰囲気が出てしまいますが、現実は途方もなくやるせないものです。葉巻を燻らせながらバーボンを飲む私立探偵のような「男の孤独」は滅多に存在しません。現実の孤独は、厳しく、みっともなく、つらく、寂しいものです。

ひとつの資料をお見せしましょう。東京都監察医務院による「孤独死」の統計資料です。東京23区における世代別、年齢別の「孤独死」の数を記録したものなのですが、これがなんともやるせない。

なぜ男性にこそ婚活が必要なのか 孤独死を防ぐ「保険」としての家庭【メンヘラ.men's】
東京都監察医務院で取り扱った自宅住居で亡くなった単身世帯の者の統計(平成28年)より

図を見れば一目瞭然なように、10~70代において、「孤独死」を遂げているのは圧倒的に男性なのです。2016年の統計によると男性3190人、女性1414人と、だいたい孤独死総数の7割が男性です。多くの男たちが、孤独にひとり死んでいく。
グラフでは80歳以降、男性と女性の孤独死数が逆転しますが、これは女性の平均寿命が男性より数年長いために、夫と死別した女性の孤独死が急激に顕在化するためです。死後発見されるまでに1週間より長く日数が経過した割合が、男性36.7%、女性20.7%というデータもあります。

つまり同じ「孤独死」でも、男女の違いがある。

「男性の孤独死」は本当に孤独な、家族にも友人にも地域社会との繋がりにも長年恵まれないまま死んでいった男たちの数と考えるのが妥当です。まだまだ身体も元気に動く60代、70代に死亡数が集中していることからもそれが伺えます。

一方で「女性の孤独死」は、長年連れ添った配偶者をなくし、80歳も過ぎ身体の各所を悪くし認知機能も衰え、生涯最期の数年間だけ孤独に過ごした方…というような方もかなりの数が入っているわけです。

80歳以上の高齢女性における「孤独」は、ほとんどが健康上の理由による孤独です。外に出歩く体力がない、認知症、老年期うつなど。どうしても80を過ぎれば人間家に閉じこもりがちになります。

一方で、男性はまだまだ働き盛りといえる50代から急激に孤独死数が上昇しているのです。ここからも、「男性の孤独死」は「女性の孤独死」と数ばかりでなく、質的にも異なることが推測できます。「男の孤独」は「孤独死の7割は男性」という言葉以上に、深刻なのです。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

メンヘラ.men's

メンヘラ.men's

男性のためのメンタルヘルス・ケア・コラム。「メンヘラ.jp」管理人・わかり手(小山晃弘)の連載記事です。

2017年7月5日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。