smadan

Twitterにおけるハッシュタグ文化と「つながりたい」欲求【メンヘラ.men's】

Twitterにおけるハッシュタグ文化と「つながりたい」欲求【メンヘラ.men's】
画像はイメージです

男性のためのメンタルヘルス・ケア・コラム「メンヘラ.men's」をお読みのみなさまこんにちは。
連載第4回にして、やっと「自殺」のテーマから離れることに成功しました、著者の小山です。

今回は、SNS、特にTwitterにおける「ハッシュタグ文化」に注目してみたいと思います。Twitterに詳しい方、そんなの知ってるぜという方も、知らないぜという方も、ご高覧頂ければ幸いです。


ハッシュタグ文化とは


ハッシュタグ文化とは、その名の通り「ハッシュタグ」を使って見知らぬアカウントとつながりを持とうとするTwitter特有の文化です。Twitterでは 「#」をつけてコメントを投稿すると、その「#〇〇」のついたコメントだけを抽出して検索することができます。

代表的なものにコミックマーケットやアイドルのコンサート、地域性のある大規模イベント(#渋谷ハロウィン など)でもよく使われます。

なにかイベントやお祭りがあって、その一体感をみんなで共有したい。そんなときに使われるのが「ハッシュタグ」機能と言うことができるでしょう。
これは恐らく、Twitter社の本来目指していた形のハッシュタグ文化と言えそうです。


「つながり」のためのハッシュタグ文化


しかし、ハッシュタグにはもう1つの主な利用のされ方が存在します。

それが「つながりのためのハッシュタグ文化」です。

まずは実際の使われ方を見てみましょう。
有名なハッシュタグのひとつ「#病み垢さんと繋がりたい」が付いたツイートには、以下のような特徴があります。

・「かまってほしい」「愛してほしい」「依存したい」などつながりを求める
・自撮り写真やイラストが多い
・リストカット痕がある腕や大量の睡眠導入剤など、過激な写真を載せていることもある

Twitterにおけるハッシュタグ文化と「つながりたい」欲求【メンヘラ.men's】
「#病み垢さんと繋がりたい」ツイートのイメージ

「つながりのためのハッシュタグ文化」は、一般的にアングラ的なものが多い印象を著者としては持っています。
「#病み垢さんと繋がりたい」などはその最大派閥のひとつと言っても良いかもしれません。

なぜつながり系ハッシュタグがアングラに傾くかと言えば、それはアングラであるからこそネットで繋がりを求める、という心理と関係しているのでしょう。
例えばフットサルの仲間が欲しいなら、別にTwitterで仲間を集う必要はそれほどないわけです。リアルでいくらでも窓口があるわけですから。

このように、Twitterのハッシュタグ文化では、「病み系」の方々の集うある種のコミュニティが形成されています。

これは彼ら彼女らにとって、どのような意味をもたらすのでしょうか。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

メンヘラ.men's

メンヘラ.men's

男性のためのメンタルヘルス・ケア・コラム。「メンヘラ.jp」管理人・わかり手(小山晃弘)の連載記事です。

2017年6月13日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。