smadan

スポーツ中の乱闘は傷害事件にならないの? 弁護士に聞いてみた

スポーツをプレーしている際にラフプレーや死球などがきっかけで、乱闘に発展するケースがある。2017年5月31日に開催されたAFCチャンピオンズリーグ(以下、ACL)では、試合終盤に浦和レッズ(以下、浦和)と済州ユナイテッド(以下、済州)との間で乱闘が発生。

中でも、済州所属のペク・ドンギュ選手が浦和所属の阿部勇樹選手に肘鉄をいれたことで物議を醸した。幸いにもこの乱闘でけが人は出なかった。だがけが人が出た場合、責任の所在はどうなるだろう。反スポーツ行為として、まれに発生してしまう「乱闘」は、法的側面ではどのような解釈になるのかを、アディーレ法律事務所の時光祥大弁護士に問い合わせた。

スポーツ中の乱闘は傷害事件にならないの? 弁護士に聞いてみた
画像はイメージ  Photo by Chris Potter


――スポーツにおける乱闘は、刑事罰に処されるのでしょうか。また法に抵触する際は、刑法のどの部分に触れるかについてお聞かせください。

「スポーツ内で起こったことでも刑法の適用がありますので、刑事罰の対象となります。ただ、警察や検察は悪質なものでなければ『団体の自治』を尊重して、逮捕や起訴するのはまれでしょう。

乱闘では相手を殴ったり、突き飛ばしたり、さらにはけがをさせたりする場合もあると思います。相手を殴る、突き飛ばすと、暴行罪(刑法208条)。けがをさせたら傷害罪(204条)になります。一方的に暴力を振るわれている状況で、自分やチームメートを助けるために殴り返した場合は、正当防衛(36条1項)や過剰防衛(2項)になる可能性もあります。両者入り乱れて殴り合いになった場合は、先に手を出された方でも正当防衛にはなりません(簡単に言うと、喧嘩両成敗です)。乱闘で主催者の競技進行を妨害した場合は,威力業務妨害罪(234条)になる可能性もあります」

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月11日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。