smadan

『少年ジャンプ』ラブコメ漫画に賛否両論……“嫌がる女性”のエロ描写はNG?

       
『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の、ミウラタダヒロによるラブコメ漫画『ゆらぎ荘の幽奈さん』のお色気描写が「子供に悪影響か否か」と賛否両論を招いている。議論の争点となっているのは、キャラクターたちが嫌がるような表情を見せているところだ。

セクハラ思考を助長する?


『少年ジャンプ』ラブコメ漫画に賛否両論……“嫌がる女性”のエロ描写はNG?
画像は本文と関係ありません

『ゆらぎ荘の幽奈さん』は、いわくつきの温泉宿を舞台にした、霊能力者と幽霊女子との奇妙な同居生活を描いたラブコメディ。お色気描写も人気のポイントで、7月3日に発売された『週刊少年ジャンプ 2017年31号』では、アクシデントで水着が脱げてしまい、ほぼ全裸姿で恥ずかしがる女性キャラクターたちのイラストで巻頭カラーを飾った。

これをあるTwitterユーザーが、「キャラをここまで無意味に裸に剥いて、記号のように全員に恥ずかしがる表情をさせて、それが巻頭カラーだなんて、内容のある作品を描く意味なんてなくなるんじゃないか」と厳しく批判。少年漫画におけるお色気描写をめぐる議論へと発展していった。

批判者の多くは、全年齢向けの漫画雑誌にエロティックなイラストを掲載すること自体を批判しているのではなく、女性キャラクターたちの“表情”を問題視しているようだ。ほとんど全員が赤面し、中には涙目のキャラクターもいる。そのため、Twitter上で「嫌がる女性を性的に眺める対象とするのは、セクハラなど性暴力的な考え方を助長する表現ではないか」と指摘されているのだ。

「『コナン』は殺人を促すものか?」


「創作物がそこまでの悪影響を与えるわけがない」という反論もされているが、ある競技を題材としたスポーツ漫画がヒットしたことによって、その競技人口が増えたという例は数多く、やはり人は多かれ少なかれ創作物に影響を受けるものだろう。人生のバイブルが漫画という人も多いはずだ。

また、「『名探偵コナン』のようなミステリ漫画は、読者に殺人への憧れを与えるものか?」という反論もある。しかし、少なくとも『名探偵コナン』においては、殺人は罰を受ける“罪”として描かれている。最終的に犯人が逮捕されるミステリ漫画ではなく、ただ殺人をかっこいい行為として描く作品を少年に与えるとなったら、躊躇する人は増えるのではないだろうか。

……とこのように、「創作物がそこまでの悪影響を与えるわけがない」「『名探偵コナン』のようなミステリ漫画は~」という反論に対しては、ネット上でさらなる反論がされている。とはいえ、このような“子供も目にする場所での表現”は、結局線引きするところが人それぞれなので議論は平行線となっているようだ。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月10日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。