smadan

「忖度」が苦手な君が最速で空気を読む力を手に入れる方法【Testosteroneの筋肉仕事術】

「筋トレで世の中の悩みはほぼ全て解決できる」と説き、Twitterフォロワーは20万人を超えるマッチョ社長・Testosterone。本連載では、世の中の悩める男性に喝をいれ、筋トレによるライフハックを提案します。
「忖度」が苦手な君が最速で空気を読む力を手に入れる方法【Testosteroneの筋肉仕事術】

政治の世界で何かと話題になった「忖度」。「他人の気持ちをおしはかること」という意味らしく、まあ「空気を読む」と言い換えてもいいだろう。10年ほど前に「KY」という言葉も流行ったが、若者たちの間で空気を読むことが得意じゃない人が多いそうだ。ということで、今回はそんな空気が読めず悩んでいる人にアドバイスを送ろうと思う。


最速で空気を読む力を手に入れる方法


この手の悩みに対する解決策の多くが、「想像力を持て!」といったものだろう。では、その想像力とはどうやって身に着ければよいのだろうか。
想像力とは、言い換えれば思いやり力だ。いかに相手の立場になって考えられるか。「どうすれば相手が仕事しやすいだろうか」とか「何を言ったら相手は気持ちよく仕事できるだろうか」を考えながら実際に行動に移すのだ。そういう人を空気が読める人というし、同時に仕事ができる人間でもある。この相手の立場になって考える力を手に入れる一番の近道は「とにかく経験を積むこと」だ。経験が多ければ多いほど、想像力や思いやり、ひいては空気を読む力は増していく。

例えば、上司に気に入られたければ「こういう部下がいてくれると助かる」という部下を演じたり「こういう部下なら可愛がりたい」と思ってもらえる行動をすれば上司なんてイチコロだ。「空気が読める=空気の流れを読んで場を掌握できる」なのである。

上司の気持ちはどうやったら分かるのか? 簡単な話だ。一度、人を使う立場の人間になってみればいい。一度でも人の上に立つ経験をしておけば、相手がやってほしいことが手に取るようにわかるようになる。その「人の上に立つ経験」を早く積む方法はいくらでもある。バイトでリーダーになったり、部活でキャプテンをやったり、何かのサークルの代表になったり、とにかく人の上に立ってみるのだ。様々な立場を経験すればするほど、君はどの立場の人間の心も手に取るように読めるようになる。

「わざわざ実体験を積まなくても、本や映画でもいいのでは?」と思う人もいるかもしれない。たしかに、本や映画でも感情移入や疑似体験はできる。できるが、100%理解することは無理だ。やはり、自分の血や骨となるのは実体験から得たものである。

あわせて読みたい

  • 「お客様は神様」と主張してくるクレーマーへのシンプルな対処法【Testosteroneの筋肉仕事術】

    「お客様は神様」と主張してくるクレーマーへのシンプルな対処法【Testosteroneの筋肉仕事術】

  • 過重労働から君を守るのは筋トレだ【Testosteroneの筋肉仕事術】

    過重労働から君を守るのは筋トレだ【Testosteroneの筋肉仕事術】

  • 価値観の違うバブル世代上司に遭遇したらむしろラッキーだ【Testosteroneの筋肉仕事術】

    価値観の違うバブル世代上司に遭遇したらむしろラッキーだ【Testosteroneの筋肉仕事術】

  • 「クラッシャー上司」に困ったら筋トレしろ【Testosteroneの筋肉仕事術】

    「クラッシャー上司」に困ったら筋トレしろ【Testosteroneの筋肉仕事術】

  • スマダンの記事をもっと見る 2017年7月13日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    Testosteroneの筋肉仕事術

    Testosteroneの筋肉仕事術

    マッチョ社長・Testosteroneさんの連載記事。「筋トレで世の中の悩みはほぼ全て解決できる」と説き、Twitterのフォロワー40万人突破。世の中の悩める男に喝をいれ、筋トレによるライフハックを提案する。名言の数々を見逃すことなかれ。

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース