bit

両国駅「幻の3番ホーム」でギョーザを焼く

両国駅にある幻のホーム


両国駅に普段は立ち入ることができない3番ホームがあることをご存知だろうか。
この幻の3番ホームに立ち入ることができるイベントが、この夏開催されることになった。
両国駅「幻の3番ホーム」でギョーザを焼く
2番ホームから見た3番ホームのイベントの様子

JR両国駅は1929(昭和4)年に建てられ、当時は房総半島(千葉県)へ向かう総武線の起点駅だった。当時は東京、上野、新宿、横浜、新橋に次ぐ第6位の取扱収入をほこる巨大ターミナル駅だったが、29年前に定期旅客列車の発着がなくなり、閉鎖されてしまった。そのため現在は使われておらず、ホームは通常立ち入り禁止になっている。
両国駅「幻の3番ホーム」でギョーザを焼く
ホームへは「3番線臨時ホーム入口」から入る


駅のホームでギョーザを焼く


両国駅「幻の3番ホーム」でギョーザを焼く

両国駅には「ようこそギョーザステーションへ」の横断幕が
このイベントは味の素冷凍食品株式会社(以下味の素)のギョーザの発売45周年を記念したもので、誰でもギョーザを焼いて食べることができるというもの。もちろんビールなどのドリンクも一緒に楽しめる。
ホームにならんだ各テーブルにはガスコンロとフライパンが用意されている。
両国駅「幻の3番ホーム」でギョーザを焼く
自分でギョーザを焼いて食べるスタイル
両国駅「幻の3番ホーム」でギョーザを焼く
45周年お祝いキャラクター「ギョーザフェアリー」にも会える

ギョーザ発売45周年を記念して登場したギョーザの妖精・ギョーザフェアリー。ギョーザが羽根になっていて、手にはフライパンを持っている。
両国駅「幻の3番ホーム」でギョーザを焼く
ホームには提灯が並んでいてちょっとしたお祭り気分も味わえる

ホームの壁の部分には昔の両国の風景が描かれている。

期間中は限定のイベント列車も3番ホームに乗り入れ、しばらく停車しているので写真撮影も可能だ。電車好きもテンションが上がりそう。
両国駅「幻の3番ホーム」でギョーザを焼く
ただし乗り降りはできない


「ギョーザステーション」では普段立ち入ることのできない幻の3番ホームと、駅のホームでギョーザを焼くというダブルの非日常を体験できる。

ホームについたら、まずはスターターキット(450円/税込)を購入しよう。この基本セットには味の素冷凍食品「ギョーザ」1袋(12個入り)とドリンクが付いている。ドリンクはビール(中瓶)、チューハイ、ノンアルコールビール、キリンレモン、ウーロン茶の中から好きなものを選ぶことができる。もちろん足りなくなったらギョーザもドリンクも追加で購入できる。
両国駅「幻の3番ホーム」でギョーザを焼く
注文用紙に記入しよう
両国駅「幻の3番ホーム」でギョーザを焼く
スターターキットはこんなかんじ
両国駅「幻の3番ホーム」でギョーザを焼く
席に着いたら自分でギョーザを焼いていく

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月14日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。