bit

ラップを展示する。市原湖畔美術館「ラップ・ミュージアム」がアツい

日本初、ラップをテーマにした美術展「ラップ・ミュージアム」が、8月11日より、千葉県市原市の市原湖畔美術館で開催されています。

テレビ番組「フリースタイルダンジョン」のヒットもあり、最近巷で浸透しつつあるラップ。でも実際のところ、ラップってどんな音楽で、どのようにして楽しまれているんだろう……? そんなモヤモヤとした疑問を解き明かすように、文化としてのラップを体系的に解き明かしていく試みが行われています。

現役ラッパーの部屋、持ってきちゃいました!


エントランスをくぐって目の前に飛び込んでくるのは、人気ラッパー「サ上」ことサイプレス上野さんの自宅を再現した展示。

ラップを展示する。市原湖畔美術館「ラップ・ミュージアム」がアツい


生活感あふれる和室のなかには大量のレコードや本、そしてリリック(歌詞)をしたためるデスク。
息つく暇もなく、ラップの世界に引き込まれます。

ラップを展示する。市原湖畔美術館「ラップ・ミュージアム」がアツい


机のうえには、上野さんが実際に使用したリリックノート(作詞ノート)が。
一文字一文字とんがった筆跡が、書いたときの心象風景をほうふつとさせます。

ラップの「構造」をCGで説明


ラップを展示する。市原湖畔美術館「ラップ・ミュージアム」がアツい


こちらはラップの音楽的な構造をインフォグラフィック風に解説する展示。
プレーヤーから流れるトラックにあわせ、リリックの文字が動いたりハイライトしたりします。

普段耳でなんとなく「気持ちいいなぁ」と聞いていたラップ。
でもそれを音楽として分析すると、とても精密に作られた「仕組み」であることに気づかされます。

ラップを展示する。市原湖畔美術館「ラップ・ミュージアム」がアツい


文の頭とお尻の部分で韻を踏んでいくものもあれば、矢継ぎ早に飛び出した単語を、特徴的な音の言葉で「つないでいく」ものも。

ラップを展示する。市原湖畔美術館「ラップ・ミュージアム」がアツい


世代やアーティストの作風によって、その「仕組み」もさまざま。
こんなに高度な技術が込められていたなんて…… 知的好奇心がムクムクします!

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ラップを展示する。市原湖畔美術館「ラップ・ミュージアム」がアツい」の みんなの反応 3
  • Rakim 通報

    “ラップ” is one thing, “RAP” is another.

    4
  • チョメチョメうー 通報

    ラップって超ダサい。やっぱりヘヴィメタルだよな。

    3
  • 匿名さん 通報

    ださいたまか、と思ったら、ちばらぎ。たいした違いはないけど

    2
この記事にコメントする

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年8月30日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。