review

「僕たちがやりました」衝撃の最終回。マルは本当にクズなのか。ちゃんと考えてみよう

フジテレビ系「僕たちがやりました」が最終回を迎えた。終始一貫して一番のクズだったマル(葉山奨之)をかばいたい。マルにはマルの言い分があると思う。
「僕たちがやりました」衝撃の最終回。マルは本当にクズなのか。ちゃんと考えてみよう
イラスト/小西りえこ

実らない自首


トビオ(窪田正孝)達は決死の覚悟で、爆破事件の真相を叫び、世の中に向けて自首をするも、計画の途中でマスクを被った玲夢(山田裕貴)らに拉致されてしまう。そこでパイセン(今野浩喜)は義理の兄弟である玲夢を殺してしまい逮捕されるが、爆破事件は輪島にもみ消され、トビオ、パイセン、マル、伊佐美(間宮翔太朗)は、結局、巨悪に屈してしまう格好に。

それでも自首を諦められないトビオは、簡易爆弾で爆破事件を再現し、1人で事件の真相とその心情を叫んだ。これに感化されたマル、伊佐美も出頭して真実を警察に伝えるが、それも無駄に終わり、輪島の前にまたしてももみ消されてしまう。

そして10年後、パイセンの仮出所がきっかけで4人は集まることになる。最初は楽しく飲んでいたが、それぞれ別の罪の背負い方をした4人は、マルをきっかけに仲違いしてしまう。

それぞれの罪の背負い方



伊佐美は、仕事こそ恵まれていなそうだが、今宵(川栄李奈)との間に2人目の子供を作り、それなりの幸せを手にしてるようだ。爆破事件の被害者の命日には、遺族へ挨拶に行っているらしく、事件のことは忘れていない。守るべき家族達と一緒に、罪の意識と戦って暮らしていく。

パイセンは、爆破事件の罪ではないが、玲夢を殺した罪で刑務所に入ったことで、ある程度の禊が済んだのかもしれない。出所後、殺人犯のクセにお笑い芸人になるという夢を語りだした。ムチャクチャでバカ丸出しの発言で10年前と何も変わっていないようだが、実はちょっと違う。

あわせて読みたい

「「僕たちがやりました」衝撃の最終回。マルは本当にクズなのか。ちゃんと考えてみよう」の みんなの反応 1
  • カネゴン 通報

    分析された素晴らしい意見だと思います。

    5
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

僕たちがやりました

僕たちがやりました

「僕たちがやりました」レビュー記事一覧

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース