review

「僕たちがやりました」6話「お前らは幸せを感じるたびに思い出すんだ、人の命を奪ったということを」

フジテレビ系ドラマ「僕たちがやりました」(カンテレ制作)第6話。トビオ(窪田正孝)は2話前に、『真犯人は他にいる!→よし!証拠を掴もう!→やっぱり犯人は僕たちでした』という残酷なぬか喜びを味わわされている。今回はその第二弾だ。
「僕たちがやりました」6話「お前らは幸せを感じるたびに思い出すんだ、人の命を奪ったということを」
イラスト/小西りえこ

犯人じゃなかった!全てを水に流す3人


真犯人が自首したことによりパイセン(今野浩喜)が釈放され、トビオ、マル(葉山奨之)、伊佐美(間宮祥太朗)は、再び集まることに。それぞれ思うことはあったが、逃走からの解放感と、パイセンの気前の良さで、全てを水に流した。

それにしても、トビオに金を盗んだことを問いただされたマルの「もういいじゃんどうせ助かったんだし!それぞれが何してたとか気にしなーい!それワカチコワカチコー!」は、大物過ぎる。

トビオは蓮子(永野芽郁)に再会し、カラオケで「一回だけやらせて」と迫ったことを謝罪。許しを得て念願の“そこそこの生活”を取り戻した。しかし、いつも通りパイセンのお金で遊ぶという“そこそこの生活”を楽しんでいると、パイセンからとんでもない事実を聞かされる。

ぬか喜び第二弾!


パイセン主催の暴露大会で、パイセンは爆破事件に関して本当の犯人はやはり自分達だったとカミングアウトした。久しぶりの日常を満喫していたトビオ、マル、伊佐美の3人だったが、この告白で一気に逃走時のテンションに逆戻りする。

さらにパイセンは、自首した男が闇社会の首領である自分の父親が犯人にでっち上げたホームレスだったと説明した。これほど大事なことを、笑える話ですよと言わんばかりに楽しげに発表したパイセンに、3人は激高する。ぬか喜び第二弾だ。

あわせて読みたい

  • 「僕やり」むしろ原作よりもハードかも

    「僕やり」むしろ原作よりもハードかも

  • 「僕やり」視聴率が伸びないとおかしい

    「僕やり」視聴率が伸びないとおかしい

  • 「僕やり」胸クソ悪いけど否定出来ない

    「僕やり」胸クソ悪いけど否定出来ない

  • 「僕やり」10人殺したけど普通の高校生

    「僕やり」10人殺したけど普通の高校生

  • レビューの記事をもっと見る 2017年8月29日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    僕たちがやりました

    僕たちがやりました

    「僕たちがやりました」レビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース