90s

徳永英明『夢を信じて』 アニメ版ドラクエの名曲を本人は歌いたくなかった!?

1990年1月にリリースされた徳永英明の名曲『夢を信じて』。実は『壊れかけのRadio』よりも売れている、徳永最大のヒット曲だ。
アニメ『ドラゴンクエスト』のエンディングテーマでもあり、歌詞も曲調も世界観にマッチ。この曲を通じて、新たにファンになった方も多かったはずだ。

しかし、当時の徳永はこの曲を歌うのが嫌だったという。一体、何が気に入らなかったのだろうか?

「ドラクエ」をアニメ化……テーマ曲を徳永英明にオファー


言わずと知れた国民的大ヒットRPGをベースにアニメ化された『ドラゴンクエスト』。
キャラクターデザインはゲームと同じく鳥山明だったが、ストーリーはドラクエ1~4までをミックスした完全オリジナルだ。
放送が始まったのは『ドラゴンクエスト4 導かれし者たち』が発売される直前。まだファミコンソフトだったのだから隔世の感を禁じえない。

漫画やアニメがゲーム化されることはよくあったが、逆にゲームがアニメになるのは当時としては異例。この新しい試みに、フジテレビは力を注いだ。徳永への曲の依頼もその一環である。

アニメは子供のもの!? 『夢を信じて』に愛着がもてない理由


徳永は80年代末に『最後の言い訳』『恋人』など、大人の恋愛を描いた作品がスマッシュヒット。これにより、自身の歌手としての方向性を見つけたが、スタッフの間にはファンの年齢層が上へ伸びていることへの危惧があった。
そんな中での、このオファー。若い世代を取り込みたいスタッフにとっては、願ったり叶ったりの大チャンスだ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク