90s

安室奈美恵と小室哲哉の「運命の出会い」、お互いの才能を高め合う関係だった

大きな波紋を呼んでいる安室奈美恵の突然の引退宣言。

芸能界からも様々な声が寄せられているが、筆者的には小室哲哉のツイート「正直、仕事で何とも言えない寂しさを感じるのは初めてです」が一番胸に刺さった。
日本の音楽界が空前の盛り上がりを見せた90年代、その牽引役となった2人の出会いをあらためて振り返りたい。

SUPER MONKEY'S時代から目をかけていた小室哲哉


小室が最初に安室に注目したのは、93年ごろのロッテ「マスカットガム」のCMといわれている。
当時の安室は、沖縄アクターズスクールの選抜ダンスユニット「SUPER MONKEY'S」の一員であり、このCMでは『愛してマスカット』に合わせてメンバーがダンスを披露。センターとして安室が一番目を引く作りになっていた。

この時点ですでに一級品の華があった安室だが、世間的な認知度はまだまだ。この段階で目を掛けるとは、さすがはB級アイドル好きの小室(記事はこちら)といったところか。

安室奈美恵は「trfの18歳バージョン」だった?


安室は94年8月から日本テレビ系音楽バラエティ『夜も一生けんめい。』の準レギュラーになり、95年4月に『THE夜もヒッパレ』リニューアル後はレギュラーに昇格したが、小室はそこでtrfを完璧に歌いこなす安室の非凡な歌唱力、ダンス力にあらためて注目する。

当時は、エイベックスの専務取締役だったMAX松浦がプロデュースした『TRY ME~私を信じて~』が70万枚超えを記録し、初のヒットが生まれた時期。この時点では安室奈美恵with SUPER MONKEY'Sだったが、ソロに転向するにあたって、その松浦から仕事上のパートナーであった小室にバトンが回ってきたのだ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク