bit

香港の国民食『出前一丁』はなぜ日本では味のバリエーションが少ないのか

香港の国民食『出前一丁』はなぜ日本では味のバリエーションが少ないのか
日本ではなかなか見ることができない「出前一丁」の様々なバリエーション。


昔からおなじみの「出前一丁」。
日本では定番の地位を得ているが、香港では“国民食”と呼べるほどの人気で、市場で高いシェアを誇っていること、豊富な味のバリエーションがあることが知られている。
「出前一丁」のキャラクター「出前坊や」も香港ではチンチャイ君(清仔)と呼ばれて親しまれているそうだ。

実際に香港に行ってみると、スーパーの棚に日本では見たこともないような、たくさんの種類の「出前一丁」がズラリと並んでいる。飲食店でも「出前一丁」という商品名のまま、他の麺より少し高めの金額で提供されていて、炒めた肉がのっているものなど、トッピングも豊富だ。
日本発祥なのに、香港で驚くほどの充実ぶり。ちょっとズルいじゃないか。なぜ香港では多くの味が作られるようになったのか、日清食品ホールディングスに聞いてみた。


「チキンラーメン」ではなく「出前一丁」が香港で受け入れられた理由


「『出前一丁』が日本で発売されたのは1968年。香港でも、ほぼ同時期に日本からの輸入販売がスタートしました。香港市場に受け入れられて販売が順調に伸びたため、1984年に香港日清を設立し、その翌年から現地生産、現地販売を開始しました」(広報担当者)

では、なぜ同じ日清食品の袋麺の中でも、「チキンラーメン」ではなく、「出前一丁」が香港で受け入れられていったのか。
「68年の市場参入当時、日本では『チキンラーメン』が品薄状態で、『出前一丁』には輸出できる余地が十分にあったことが理由の1つです。また、ごまラー油は、香港の家庭でも一般的に利用されている素材だったので、香港の人に受け入れられる素地があったこと影響しています」...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2017年10月2日のコネタ記事
「香港の国民食『出前一丁』はなぜ日本では味のバリエーションが少ないのか」の みんなの反応 2
  • ラッコ好き 通報

    香港のごまラー油味スープは日本のより味が濃いで、麺の食感も日本のより硬いです。 あと、昔の極辛とんこつは麺までトウガラシ入るで、見た目は赤く、辛くて、今の極辛とんこつは比べないほど美味いです

    1
  • 結局 通報

    ではその差がナンなのか そもそも、ごまラー油味では日中の差があるのでは無いのか 日中での一般食との差なのか 答えが無く、謎の深まってしまう記事は辞めてください

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース