smadan

有権者は投票に行く前に自分の「政権公約」を作って欲しい

有権者は投票に行く前に自分の「政権公約」を作って欲しい

希望の党の国政進出と民進党の解党によって混乱を極めていた衆議院選挙ですが、(1)自民・公明、(2)希望(+民進保守)・維新、(3)立憲民主・社民・共産、という3つの勢力に収斂したことで、いよいよ本格的に選挙戦がスタートしそうです。

ただし、勢力が3つだけなのであって、自民・公明と希望・維新では消費増税凍結以外は自民・公明と大きな違いが見えません。国民にとって政策ベースで見た選択肢は、自民・公明・希望・維新と、立憲民主・社民・共産のどちらを選ぶかという2択で、もし前者を選ぶのであれば、安倍氏と小池氏のどちらがリーダーにふさわしいかという選択になるのでしょう。

テレビが報じるのは選挙ではなくお祭り


ところが、そのような「まずは政策ありき」という視点で選挙を見る人は、残念ながらほとんどいません。まるでお祭りか対戦ゲームのように「どこが勝つか」「誰が勝つか」で盛り上がっているだけ。テレビに出ている政治コメンテーターですら、その多くはまるで競馬の予想をしているようです。

そして喧嘩の傍観が大好きなテレビや有権者の野次馬根性を見事に突いて操っているのが小池氏です。単純接触効果(繰り返し接すると好意度が高まる効果)を狙って画面に出続ける小池氏のテレビジャック作戦で強引に「風」を作り出すことで、希望の党は支持を一定程度獲得しています。一部の良識あるコメンテーターが孤軍奮闘して小池氏に操られるメディアのあり方を批判していますが、焼け石に水状態です。

日本国民の「劇場」を作り出す手法はまるでアジテーターのようで、冷静に見れば警戒心が高まると思うのですが、残念ながら「好感」を頂く有権者は少なくないようです。爆笑問題の太田光氏は自身の番組「サンデー・ジャポン」(TBS系)で、「(小池氏は)日本人全員バカだと思ってるんじゃないかな!」と批判したようですが、残念ながら日本人の有権者の多くはその程度なのだと思います。

テレビに振り回されずに投票する方法


では、テレビ等のメディアに流されず、政策ベースで投票先の政党や候補者を選ぼうという時、私たちはどのようにすれば良いのでしょうか? もちろんそれはそれぞれの政権公約や候補者個人の公約等を確認することですが、実はその前に絶対にやっておかなければならないことがあります。

それは、「自分の政権公約」を作ることです。確かにインターネット上で自分の政治的信条に最も近い政党はどこかを調べるツールがたくさん出てくるようになりましたが、あの質問はその時その時の争点ばかりなのが問題です。争点の多くは政党やメディアによって設定されているものが多いため、結局振り回されていることには変わりありません。

それ以前に、自分がどのような社会像(目標)を理想としているか、つまり自分は何主義なのかを知る必要があります。それが分かったら、そのような理想の社会を実現するための手段(政策)はどのようなものが良いのかを考えて、具体的に列挙します。最終的に政党の政権公約と見比べてみて最もスタンスの近い政党を選ぶという流れです。これが「政党ベース」でも「メディアベース」でもない、「有権者ベース」の選び方です。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

勝部元気のウェブ時評

勝部元気のウェブ時評

コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

2017年10月4日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。