90s

小説「アナログ」好調のビートたけし、過去に発表した小説も名作揃い!

小説「アナログ」好調のビートたけし、過去に発表した小説も名作揃い!
「アウトレイジ 最終章」も好調なたけし
ビートたけしが上梓した初の恋愛小説『アナログ』が話題だ。
本作は、ある喫茶店で出会った出会った男女が、電話番号やSNSのIDを交換しないままアナログな恋愛関係を繰り広げるストーリーである。お互いの距離が遠い分、恋しさが高まる恋愛の本質をとらえた作品といえよう。

お笑い芸人、俳優、歌手、映画監督とマルチに活躍するビートたけしには小説家としての顔もある。『アナログ』以前にも多くの小説を書いていた。90年代の名作たちをふりかえってみたい。

1.『教祖誕生』(1990年)


舞台は老人を教祖に据えた新興宗教。そこに紛れ込んだ青年の高山が、教団を影で操る司馬によって教祖へ祭り上げられてゆく。
「人は拝めるものがあれば何でもよい」とドライな思考を持つ司馬は、熱心な信者である駒村らと対立していく。さまざまな思惑が入り乱れる新興宗教団体の内部を描く、たけしなりの宗教論といえる。

本作は1993年に映画化され、たけしは司馬を演じた。

2.『漫才病棟』(1993年)


たけしには売れない時代を回顧した『浅草キッド』という名曲がある。その曲の世界をそのまま描いたような小説が本作である。

『週刊文春』に連載され、これまで短篇中心だったたけしの小説の中では珍しい長編作品となっている。
酔っぱらいやホームレスなど浅草の変人たちが次々と登場し、漫才での掛け合いのセリフもそのまま書かれており、臨場感のある小説に仕上がっている。

文庫版では2015年に亡くなった野坂昭如が解説を寄せており、これまで活字化された日本語の小説で「百番以内には入る」と絶賛している。

あわせて読みたい

  • 北野武が桑田佳祐監督の映画を痛烈批判! 一触即発の事態になった過去

    北野武が桑田佳祐監督の映画を痛烈批判! 一触即発の事態になった過去

  • 売れない映画監督だった北野武、当時に撮られた最高傑作『ソナチネ』【シネマ懺悔】

    売れない映画監督だった北野武、当時に撮られた最高傑作『ソナチネ』【シネマ懺悔】

  • フライデー事件がきっかけで誕生した『平成教育委員会』

    フライデー事件がきっかけで誕生した『平成教育委員会』

  • 大竹まことが過去に起こした死亡事故 復帰の裏にビートたけしの助言

    大竹まことが過去に起こした死亡事故 復帰の裏にビートたけしの助言

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2017年10月31日の90s チョベリー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース