review

「わろてんか」19話。お姑役の鈴木京香、能面から恐怖の文楽人形に

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第4週「始末屋のごりょんさん」第19回 10月23日(月)放送より。 
脚本:吉田智子 演出: 東山充裕
イラスト/まつもとりえこ

19話はこんな話


「一生一緒にわろてんか」という求婚の言葉で、藤吉(松坂桃李)につれられて大阪船場にやってきた、てん(葵わかな)。待ち受けていたのは、こわいお姑・啄子(鈴木京香)と、藤吉の許婚の楓(岡本玲)。
てんは、女中として扱われることになり、女中部屋をあてがわれる。

朝ドラな人々


「君の名は」(91年)の鈴木京香、「純と愛」(12年)の岡本玲と、わりとマイナス面が語られがちな作品に出演していた俳優がそろって出てくることで漂う、そこはかとない不吉感を、これからてんが被るであろう大変さの予感と重ね合わせる、みごとな企画である(勝手にそう思っただけです、そして冗談です、念のため)。

ただ、女中役で楠見薫(「あさが来た」〈15年〉の「ほんにほんに」が口癖の女中他、大阪制作の朝ドラ常連)が出演していることに期待したい。
そして、松坂桃李がヒロインの相手役で出演していた「梅ちゃん先生」(13年)は高視聴率作品であることも念のため記しておきたい。

鈴木京香はガブ系か


藤吉(藤吉郎)の名前は太閤秀吉からとったと啄子が言うので、鈴木京香のキャスティングが腑に落ちた。
18話のレビューでも書いたが、鈴木は、大河ドラマ「真田丸」では寧、映画「清須会議」では市と、秀吉の正妻と、側室茶々の母と秀吉に関係ある役を演じてきた。だからか、なんだかしっくりくるのだ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「わろてんか」に関する記事

「わろてんか」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「わろてんか」の記事

次に読みたい「わろてんか」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「わろてんか」

朝ドラ「わろてんか」

NHK「連続テレビ小説」第97作目の作品。明治後期から第二次世界大戦終了直後の大阪を舞台に、葵わかな演じるヒロインの藤岡てんが寄席経営に挑む姿を描く。モデルは吉本興業の創業者、吉本せい。2017年10月2日〜2018年3月31日放送。

お買いものリンク