review

やっぱ人種差別はクソ「永遠のジャンゴ」が描く実在のギタリストとジプシーたちの悲劇

       
ギターを弾く以外に才能も興味もない男が、もし戦争に晒されたらどうなるか。『永遠のジャンゴ』は、それを我々に突きつけてくる作品である。
やっぱ人種差別はクソ「永遠のジャンゴ」が描く実在のギタリストとジプシーたちの悲劇

追い詰められた、戦時下のジャズギタリスト


本作の主人公、ジャンゴ・ラインハルトは実在のジャズギタリスト。ジャズでは伴奏楽器でしかなかったギターをソロで初めて使った人物とされ、ヨーロッパ初の偉大なジャズミュージシャンとして知られる。10代の頃からパリのミュージックホールで活動を始め、1934年にはバイオリニストのステファン・グラッペリらとともに弦楽器のみで構成されるバンドである「フランス・ホット・クラブ五重奏団」を結成する。

しかし、フランス・ホット・クラブがイギリスツアーを行っていた1939年に第二次世界大戦が勃発。グラッペリはそのままイギリスに残ったが、ジャンゴはフランスへと帰還する。映画『永遠のジャンゴ』が題材にしているのは、この大戦下のジャンゴ。具体的には1943〜1945年のジャンゴ・ラインハルトに関してだ。ごく短い期間にスポットを当てた作品なので伝記映画とは言い難いが、非常に濃密な映画である。

映画の冒頭に映るのは、アルデンヌの森で生活するジプシーの人々だ。森で薪を拾い、ギターを弾いて暮らしていた彼らにいきなり銃が突きつけられ、ギターを弾いていた盲目の老人は頭に銃弾を食らって即死する。この後の展開を象徴する強烈なオープニングだ。

次いで場面は占領下のパリへ。グラッペリが抜けた後もジャンゴは弦楽器のバンドを組み、パリで最も華やかなミュージックホールであるフォリー・ベルジェールで演奏していた。ところが出番にも関わらずジャンゴはプラプラとドジョウを釣って遊んでおり、バンドやマネージャー代わりの母親に怒られながらステージに上がる始末だ。ミュージックホールの客はドイツ軍の関係者ばかり。敵国人が居並ぶ前で、ジャンゴと彼のバンドは熱の入った演奏を見せる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「やっぱ人種差別はクソ「永遠のジャンゴ」が描く実在のギタリストとジプシーたちの悲劇」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    薄っぺらい感想文だなぁ、小学生かよ… 笑

    2
  • 匿名さん 通報

    私はギター・ジャズにはハマらなかったけれど、高校生の頃に買おうかどうしようか迷ったコンポのブランドがジャンゴだったことをまだ覚えている。NECのステレオ事業部にジャズ好きがいたんだろうね。

    1
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年11月29日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。