時は12月。山下達郎「クリスマスイブ」からの矢沢永吉「止まらないHA-HA」という、緩急のついたオープニングで幕をあけた『IPPONグランプリ』(フジテレビ系列)。

今回は史上最多6名の優勝経験者が参加。IPPONスカウトは行われず、初参戦は礼二(中川家)、柴田英嗣(アンタッチャブル)、石田たくみ(カミナリ)のツッコミ3名。大喜利No.1の座を手にするのは一体誰なのか?
第18回「IPPONグランプリ」徹底解説!余計なことを言う若林、重い石を欲しがるホリケン
イラスト/まつもとりえこ

Aブロック:「東京03に謝りたいと思います」


Aブロックの回答者はバカリズム、若林正恭(オードリー)、千原ジュニア、中岡創一(ロッチ)、柴田英嗣。第1問は「『大不幸中の小幸い』なことを教えてください」

初参戦の柴田、緊張したのか「刀でめった斬りにされたg……ごめんなさい!」と答えを噛んでしまう。「刀でめった斬りにされたがその傷跡がHAPPYになっていた」と言い直すも結果は0本になり、隣の中岡に背中をさすられる。空回りする気持ちを立て直し、第2問でIPPONを取ったときには立ち上がって狂喜乱舞。波が激しい。

第3問まで終えて、バカリズムが8本で単独トップという状況。第4問は「大物演出家が言いそうな訳の分からない事を言ってください」

・大根役者とかいわれ大根役者が、なに切り干し大根芝居してるんだよ!(ジュニア)
・ハイ!思春期に少年から大人に変わって!(バカリ)
・京都の〜お野菜のように〜(中岡)

ジュニアと中岡がIPPONを取っていくも、バカリズムはなかなかIPPONまで届かない。第4問開始時にトップと3本差だった若林がここで猛追をかける。