90s

ミサイルが誤発射するとも言われていた…「2000年問題」を振り返る

「98年、99年ときて、2000年は“00年”とかいう表記になるのかな?」

こんな会話を交わしていた1999年が、まるで昨日のことのように思い出されます。
振り返れば、18年前の今頃。1000年に1度の記念すべき「ミレニアムイヤー」の到来を前に、日本中が、いや世界中が浮足立っていました。

高揚感と緊張感があった1999年


日本では平安時代以来となる節目の年越しを迎えられる幸運に偶然にも立ち会えるのです。ついつい気分が高まる気持ちも分からないではありません。

それと同時に、誰にとっても未体験な瞬間を迎えるに当たり、不安感のようなものも微かにありました。
それは、1999年の大晦日。時計の針が「0:00」を差すたびに、1995年12月23日の朝へ逆戻りしてしまう「リフレインプレイヤー」のドラマ『君といた未来のために~I'll be back~』(日本テレビ系・1999年1月放送)で描かれていた、その瞬間を境に、どこか異世界に突入するかのような得体の知れない不安です。

今まで続いてきた1000年間が終わった時、果たして、何が起こるのだろうか……。「ノストラダムスの大予言」は7月に回避済みとはいえ、この時期は、高揚感と緊張感が交錯した不思議な心持ちで過ごしていたのを記憶しています。

この恐怖の大王到来やリフレインプレイヤー化することよりも、ことさら現実的な危機として指摘されていたのが、「2000年問題」でした。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク