bit

靴下の悪臭がチョコレートの香りに? 「匂わずにいられない!」展が地味だけど奥深い

人間が得る情報のうち、8割は視覚からと言われますが、反対に五感の中でイマイチ地味なのが匂いを感じる嗅覚。匂いは身近なものですが、普段は忘れがちな感覚です。特に最近は脱臭、消臭などでスミに追いやられている印象もあります。

そんな匂いを科学の視点から深く掘り下げる、日本科学未来館・メディアラボでの展示「匂わずにいられない!~奥深き嗅覚の世界~」の取材に行ってきました。

少女漫画風のイラストが目印


靴下の悪臭がチョコレートの香りに? 「匂わずにいられない!」展が地味だけど奥深い


日本科学未来館は、さまざまな展示や実験教室、トークイベントなどを通して、最新テクノロジーや地球環境、宇宙、生命などにまつわる科学技術を体験できる科学館。「匂わずにいられない!」は、3階のメディアラボで展示されています。

目印は少女漫画風の大きなイラスト。キャラクターは、「匂い」の研究者でこの展示の出展者でもある東原和成教授。嗅覚で捜査する刑事ドラマの監修や、ワインの本の執筆もされています。この日は東原先生も登場し、会場で案内をしていただきました。
靴下の悪臭がチョコレートの香りに? 「匂わずにいられない!」展が地味だけど奥深い


五感の中でも「匂い」を感じる嗅覚は他の感覚と比べて、意識的に感じることが少ない感覚です。それだけ身近で本能的な感覚なのかもしれませんが、まだまだ解明されていないことも多い分野です。東原先生によると、人間は求愛や育児などさまざまな局面で無意識のうちに匂いに影響されているのだそう。


匂いの組み合わせは無限大


まずは基本の匂い体験。パンジーの花、古書、土という3つの匂いを改めてかいでみます。
どういうわけか、古書からはバニラのような匂いが感じられます。これは古書の匂いの中に、バニラの匂い物質「バニリン」が含まれているから。
靴下の悪臭がチョコレートの香りに? 「匂わずにいられない!」展が地味だけど奥深い


ここから分かるように、「匂い」の正体は化学物質。「匂いも音や光と同じようなもの」と思っている人も多いようですが、原因となる匂い物質があるのだそうです。

人間は約400種類の嗅覚受容体(匂いセンサー)を持っており、鍵と鍵穴のように匂い物質がセンサーにぴったりはまるとスイッチが入って匂いを感じます。複数のセンサーのスイッチが同時に入るとピアノの和音のように重なって、単体とはまったく違う匂いを感じます。つまり匂いは400個のスイッチのオンオフの組み合わせ。そのため匂いのバリエーションは無限大に広がっていくのです。


靴下の臭いがチョコレートに変わる


組み合わせで匂いが変わることを、実際に体験できるコーナーも。4つのビンが置いてあり、それぞれA:コーラ、B:シナモン、C:レモン、D:ライムの香りがします。

B、C、Dを同時に嗅ぐと不思議なことに、Aのコーラの匂いになりました。これは、シナモン、レモン、ライムの匂いセンサーの「同時押し」によってコーラの匂いに変わる現象。「プリンに醤油をかけるとウニの味になる」というのも、これと同じ仕組みかもしれません。
靴下の悪臭がチョコレートの香りに? 「匂わずにいられない!」展が地味だけど奥深い


もうひとつは「靴下の匂いがチョコレートの匂いに変わる」体験。靴下の匂いはイソ吉草酸という納豆にも含まれる匂い物質が原因です。ここにバニラの匂い物質「バニリン」を足すと、不思議なことにチョコレートのような匂いに変わりました!

匂いの感じ方は変わりましたが、靴下の匂い物質そのものは消えたわけでも変形したわけでもなく、そのまま残っているのがポイント。おもしろい体験ですが、靴下の臭いを嗅ぐときは注意が必要です。

あわせて読みたい

  • ビットコインはなぜ価値がある?

    ビットコインはなぜ価値がある?

  • NHK「アラフォークライシス」に衝撃

    NHK「アラフォークライシス」に衝撃

  • 「暇な女子大生」ドラマ化に驚きの声

    「暇な女子大生」ドラマ化に驚きの声

  • HPVワクチン反対騒動の加担者は誰か

    HPVワクチン反対騒動の加担者は誰か

  • コネタの記事をもっと見る 2017年12月21日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース