smadan

新幹線でのパソコン使用は迷惑行為? 「確かにタイピング音うるさい」と同意する声も

新幹線でのパソコン使用は迷惑行為? 「確かにタイピング音うるさい」と同意する声も
写真はイメージ

ある女性タレントが、「前から思ってたけど、新幹線でもパソコンをカタカタ、って、正直周りはうるさいよ」というツイートを投稿。公共交通機関でパソコンを使用するのは迷惑行為に当たるのか、という議論が巻き起こった。

本人のマナー違反か? 気になる人が自衛すべきか?


当該ツイートはすでに削除済みだが、投稿された内容はこうだ。「前から思ってたけど、新幹線でもパソコンをカタカタ、って、正直周りはうるさいよ、移動中でもパソコンをカタカタって出来るビジネスマンじゃなくて、そんなとこにまで仕事持ち込んで、出来ないビジネスマンだと思ってるよ、こっちは」。過重労働が問題になっている今、「移動中も仕事をしている=仕事をこなす要領が悪い」とは単純に言い切れないが、他人のキーボード音が耳障りに感じた経験のある人は少なくないだろう。

このツイートをきっかけに、ネット上では、「公共交通機関内でパソコンを使用するのは迷惑行為か?」という議論が巻き起こった。「神経質すぎる」や「気になる性格なら、耳栓などで自衛するべき」、「話し声の方がうるさい」といった声もある一方、「確かにタイピング音がうるさい人はすごくうるさい」と共感する声も多い。

図書館ではパソコン使用禁止席を設けるところも


Googleで「タイピング」と入力すると「うるさい」がサジェストされる上に、相談サイトなどでは、「タイピング音がうるさい人をどのように注意すればいいでしょうか?」といった悩みも見られた。どうやら他人のタイピング音に悩まされている人は少なくないようだ。

しかし、「タイピングは静かに」ということがマナーとして広く周知されているかと言ったら、そんなことはないだろう。図書館では、タイピング音を避けるため、パソコン使用禁止席を設けているところも多いが、図書館とは一般的に静寂が求められる場だ。それこそ公共交通機関内など、ある程度なら音を出しても問題ないとされている場においては、確かにタイピング音というのは扱いが微妙なところ。

しかも“うるさい”と感じるレベルは人それぞれ。だからこそ迷惑行為かどうかで議論が巻き起こるし、注意すべきか否かで人は悩むのだろう。もう少し時代が進めば、携帯マナーのように、公共交通機関内でパソコンマナーについてアナウンスされるようになるのかもしれないが……。

編集部おすすめ

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

スマダンニュースランキング

スマダンランキングをもっと見る
お買いものリンク