review

事故車から始まる「目撃者 闇の中の瞳」不穏極まる台湾製サスペンス

もしも自分が買った中古車が、実は当て逃げ事件に関係していた事故車だったとしたら。『目撃者 闇の中の瞳』は、この単純な導入から複雑怪奇な結末まで、じわじわと盛り上げていく見事なサスペンス映画である。

軽い気持ちで買った中古車から始まる、不穏極まるサスペンス
2016年。敏腕の事件記者であるワン・イーチー、通称シャオチーは、その日も現場に急行していた。撮影したのは国会議員が運転する車の交通事故で、不倫中と見られる女性も助手席に乗っていた。スクープをものにしたシャオチーだが、自身も編集部に戻る途中で交通事故にあい、中古で買ったばかりの愛車を破損させてしまう。

知り合いの自動車修理工であるジーの元に愛車を持ち込むシャオチー。車を見たジーは、この車は過去にも事故にあっていることを見抜く。警察に車両番号を照会したところ、なんとこの車はシャオチー自身が目撃した9年前の当て逃げ事件の被害側の車だった。

2007年。事件記者志望の実習生だったシャオチーは、山道で交通事故に出くわす。現場からは当て逃げの犯人と見られる車が逃走、被害者の車は大破し、ドライバーの男性は死亡する。助手席の女性も瀕死の重傷を負っており、シャオチーはデジカメで犯人の車の写真を撮る。この事件で被害にあった車が、シャオチーが購入した中古車だったのだ。

このタイミングでシャオチーのキャリアにピンチが訪れる。彼が不倫現場を撮影した国会議員は実は夫婦であり、逆に新聞社が名誉毀損で訴えられることになってしまったのだ。解雇されたシャオチーは先輩記者であるマギーの協力もあり、独力で自分の車が過去に遭遇した事故について調べ始める。9年前の記録を確認したところ、事故を生き延びた助手席の女性シューはなぜか治療途中で病院を脱走、現在は世間から隠れて過ごしていた。シャオチーらとの会話を拒絶するシュー。そして判明する、事故と同日に発生していた富豪の娘の誘拐事件。逃走した当て逃げの犯人は誰だったのか。シャオチーは真相に迫ろうとするが……。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク