bit

披露宴が始まるまでがとにかく長い!マレーシアの中華系ウェディングに参加してみた

披露宴が始まるまでがとにかく長い!マレーシアの中華系ウェディングに参加してみた
披露宴に集まった人たち

日本の結婚式も世界から見ると独特な文化があるが、マレーシアも日本人の結婚式観からすると変わった部分がたくさんある。多民族国家マレーシアは、中華系、マレー系、インド系とウェディングは民族により風習が異なっていて、おもしろい。

結婚式にたどり着くまで、新郎にさまざまな難問が待ち受ける中華系、家族でおそろいのテーマカラーの服を着るマレー系、そしてエキゾチックな儀式のヒンズー系。その中でも今回は中華系のウェディングについて紹介したい。


結婚式の日取りは風水で決める


中華系では「生まれた時から運命は決まっている」という四柱推命の考えに基づき、フォーチュンテラー(風水師)に新郎新婦とその両親の誕生日を伝え、吉日を導き出してもらう。新郎新婦だけでなくその両親の誕生日も加えるのは、導き出される日が親戚一同に幸運をもたらすと信じられているためだ。

結婚の前夜は新郎新婦が顔を合わることはなく、それぞれの家で家族や友人と集って結婚を祝うビュッフェディナーのパーティーをすることになっている。


とにかくイベントが多い結婚式当日


いよいよ結婚当日の朝。一日はとても長い。

まず新郎は、新郎の友人や親戚など総勢8名ほどで新婦宅に新婦を迎えに行く。なぜ朝からそんなに大人数で迎えに行くのかというと、新郎が新婦に会うまでに、たくさんの関門があるからだ。

新婦宅では、新婦側の親戚が新郎に数々の質問や難題を振りかける。例えば「小麦粉の中に隠されたあめ玉を手を使わずに探す」「ワサビの入ったクッキーを食べる」「苦い漢方のジュースや酸っぱいレモン汁を飲む」「たくさんの目の写真の中から新婦の目を当てて愛を誓う」「家に入るための鍵が隠されている風船を見つける」など、ユーモアに富んだミッションが用意されている。
披露宴が始まるまでがとにかく長い!マレーシアの中華系ウェディングに参加してみた
新婦が隠れた扉の前で新郎にクイズを出す新婦の友人

新郎側の親族一同が団結してそれら難問を全てクリアし部屋に入ると、新婦側の親戚は紅包(アンパオ)というお年玉のような金一封を新郎から受け取る。その金額が満足のいく金額であれば新婦の隠れているドアを開けて、新郎は晴れて新婦と対面することができる。


新郎新婦の対面後もまだまだ儀式は続く


新郎新婦の対面後、二人は結婚指輪を交換し、祖先に敬意を表してお祈りをする。それが終わったら家族写真の撮影。そして新郎は新婦を連れて、派手なリボンで包まれた車で新郎の自宅へ行き、新郎の自宅に着いたら新郎の両親に挨拶する。
披露宴が始まるまでがとにかく長い!マレーシアの中華系ウェディングに参加してみた
祖先に祈りを捧げる新郎新婦

新郎の自宅では、新郎と新婦が二人で両親にお茶を差し出し、新婦が新郎の家に迎え入れられたことを示す伝統的な「ティーセレモニー」が行われる(ただし華僑の出身地方によっては献茶をしない家庭もある)。両親からお祝い金とプレゼントが渡され、お昼を食べながら休憩をした後は、夕方からの披露宴だ。

あわせて読みたい

  • マレーシア映画館 入浴シーンはNG

    マレーシア映画館 入浴シーンはNG

  • マレーシアのマイケルジャクソン?

    マレーシアのマイケルジャクソン?

  • 結婚式「アプリでの出会い」隠さない

    結婚式「アプリでの出会い」隠さない

  • 年収1000万円を結婚相手に求める女性

    年収1000万円を結婚相手に求める女性

  • コネタの記事をもっと見る 2018年1月28日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース