review

草なぎ剛「赤報隊事件」テロにあうメディアの側にも非があるのか。同僚を殺された記者たちの執念の実録今夜

NHKスペシャル(NHK総合)では、2011年より「未解決事件」と題して、社会に大きな衝撃を与えながら、いまなお多くの謎を残す事件を再検証してきた。今日・明日と2夜にわたり放送される同シリーズのfile06では、昭和の終わりから平成の初めにかけて起こった「赤報隊事件」がとりあげられる。今夜7時半から放送の第1夜では草なぎ剛主演の実録ドラマ、明晩9時放送の第2夜ではドキュメンタリーという形で事件の真相に迫るという。
2002年に朝日新聞阪神支局襲撃事件が時効を迎えたのを機に出版された『新聞社襲撃――テロリズムと対峙した15年』(朝日新聞社116号事件取材班編、岩波書店)。今回のNHKスペシャル「未解決事件」では、事件解明に奔走した朝日新聞の特命取材班を描く実録ドラマとあわせ、NHKの独自取材によるドキュメンタリーが放送される

朝日新聞から首相にもおよんだ攻撃


この事件でまず標的となったのは、朝日新聞社である。いまから31年前の1987年5月3日、憲法記念日のこの日午後8時すぎ、朝日新聞阪神支局(兵庫県西宮市)に目出し帽をかぶった男が侵入し、持っていた散弾銃で記者たちを襲った。このとき支局2階の編集室には3人の記者がおり、男はまず犬飼兵衛記者(当時42歳)を狙撃し、重傷を負わせる。このあと、さらに2発目を小尻知博記者(当時29歳)に向けて放った。残ったもう一人の記者(当時25歳)にも銃口を向けたが、男は一言も発せず、その場を立ち去る。小尻記者は病院に搬送されたものの、翌日午前1時10分、失血死した。別の病院に運ばれた犬飼記者も、一命をとりとめたとはいえ、200個以上の散弾粒を浴び、右手の小指と薬指を失った。散弾粒の一つは心臓の2ミリ手前で止まっていたという。

その4ヵ月後、1987年9月には朝日新聞名古屋本社の社員寮にやはり散弾銃を持った男が侵入し、無人の食堂のテレビなどに発射した。その後、この年1月にも朝日東京本社の建物に向けて散弾銃が発砲されていたことも判明する。翌88年には、朝日新聞静岡支局爆破未遂(3月)、さらに当時の竹下登首相と中曽根康弘前首相への脅迫状送付(3月。竹下への脅迫は97年に発覚)、リクルートの江副浩正元会長宅襲撃(8月)と事件があいつぎ、90年5月の愛知韓国人会館放火事件を最後に、犯人は動きを止めた。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク