review

木村拓哉「BG〜身辺警護人〜」はツッコんだら負けだ、脱力エンタメドラマとして楽しむが吉

「だから高所恐怖症だと言ったのに~うぃ~!」

木村拓哉主演のドラマ『BG~身辺警護人~』。丸腰でクライアントを守る民間警備会社のボディガードたちの物語だ。

先週放送された第3話の視聴率は13.4%。前回よりやや下がっているが、それでも高値安定。さすがキムタクといったところだろうか。
木村拓哉「BG〜身辺警護人〜」はツッコんだら負けだ、脱力エンタメドラマとして楽しむが吉
『Lily ──日々のカケラ ──』石田ゆり子/文藝春秋
今夜放送の第4話はワガママ大臣、石田ゆり子をめぐってキムタクと江口洋介が火花を散らす!

木村拓哉と斎藤工の身長差約8センチコンビ


第3話のクライアントは芸能プロダクションの社長・坂東(西村まさ彦)と彼が所持する1億円。このお金は、誘拐された彼の事務所の人気タレント・かのん(三吉彩花)の身代金だった。坂東は犯人の要求どおり警察に通報せず、民間警備会社に身辺警護を依頼してきたというわけ。

島崎章(木村)は身辺警護課に復帰してきた高梨(斎藤工)とコンビを組み、坂東の警護にあたる。この木村と斎藤のコンビが良かった。長身の斎藤(184センチ)と並ぶと、木村(176センチ)はいかにも小柄だ。だが、その小柄な感じがキムタクの普通のおっさんっぽさを強調していた。

画面で繰り広げられているのは(今回も)キムタクワンマンショーなのだが、斎藤を横に配置することで“キムタク様”感が減少しているのだ。斎藤演じる高梨は、木村演じる島崎の過去(具体的には描かれていないが、大きな失敗を経験した様子)を知っていて、基本的に島崎のことを軽蔑しているのだが、その緊張感も良かった。なんで1話からもっとこの2人を前に出さなかったんだろう? 斎藤工が忙しかったのだろうか?...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年2月8日のレビュー記事
「木村拓哉「BG〜身辺警護人〜」はツッコんだら負けだ、脱力エンタメドラマとして楽しむが吉」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    低年齢層向けであることは言える

    6
  • 匿名さん 通報

    13:35>すると脳がやわらかく、脳のキャパシティーに余裕のある人向けであるとも言えるな

    5
  • ニャニャー 通報

    キムタクだけでは視聴率1ケタになるところ・・・主役級の皆さんのお陰で、ちゃんと視聴率が2ケタになっていることをお忘れなく♡

    1
  • 匿名さん 通報

    突っ込みどころ満載とは▪▪▪誉めてるんだか、けなしてるんだか。

    1
  • 匿名さん 通報

    『相棒』や『科捜研』など警察物の方が突っ込み所、沢山有るよね?

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

BG~身辺警護人~

BG~身辺警護人~

テレビ朝日系の「木曜ドラマ」枠で放送されたテレビドラマ。木村拓哉が丸腰で危機に立ち向かう“ボディーガード”に扮し、武器を持たず民間人の立場でクライアントの安全を守る日々を重厚に描く。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース