review

「BG~身辺警護人~」木村拓哉山口智子の「ロンバケ」ごっこで高視聴率獲得7話。今夜15分拡大最終章へ

木村拓哉主演、井上由美子脚本のドラマ『BG~身辺警護人~』。クライアントのため、丸腰で敵に挑むボディガードたちの活躍を描く。

木村拓哉と山口智子の『ロンバケ』コンビによる22年ぶりの共演も話題を呼び、先週放送された第7話は第1話を上回る視聴率15.8%を記録。これはシリーズ化、ありますね。
ブロマイド写真★『ブレードランナー』ハリソン・フォード/銃を持って車の上にいるデッカード/W-2641(amazonより)

犯人は『白線流し』の遊井亮子!


元妻の仁美(山口智子)からボディガードを依頼された島崎(木村拓哉)。当初は同僚に代わってもらおうとしたが、高梨(斎藤工)や課長の村田(上川隆也)の強い薦めで島崎本人がボディガードを務めることになる。毎回恒例の「誤差なし」で誤差があったのは、何かの歯車が狂っている表れ。それはラストシーンにつながっている。

島崎に仁美が高級時計をプレゼントし、島崎が仁美にプロポーズをしてくるくる抱っこやキスをする回想シーンに、「『ロンバケ』そのまんま」「島崎と仁美じゃなくて瀬名と南だ」と視聴者は大沸騰。とはいえ、ニット帽にブルゾン姿の45歳のキムタクは、クローズアップはさすがにちょっとつらかった。なお、オンエアでは提供クレジットが被っていたが、TVerならノンクレジットで堪能することができる。

仁美の家に嫌がらせを続けていたのは、仁美の今の夫の元交際相手(遊井亮子)だった。島崎にあっさりと取り押さえられ、これで一件落着。遊井亮子は『ロンバケ』と同年(96年)のドラマ『白線流し』で主人公の渉(長瀬智也)に恋心を抱いて園子(酒井美紀)に嫌がらせを続ける茅乃役を演じていた。今回とまったく同じ役! 
編集部おすすめ

あわせて読みたい

木村拓哉のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「木村拓哉」に関する記事

「木村拓哉」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「木村拓哉」の記事

次に読みたい「木村拓哉」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

BG~身辺警護人~

BG~身辺警護人~

テレビ朝日系の「木曜ドラマ」枠で放送されたテレビドラマ。木村拓哉が丸腰で危機に立ち向かう“ボディーガード”に扮し、武器を持たず民間人の立場でクライアントの安全を守る日々を重厚に描く。

お買いものリンク