「true tears」「花咲くいろは」「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「凪のあすから」「心が叫びたがっているんだ。」
数々の人気作、話題作で知られる脚本家の岡田麿里が初めて監督も務めた劇場アニメ「さよならの朝に約束の花をかざろう」が2月24日(土)に公開。
10代半ばの外見のまま、人里離れた土地で数百年の時を生き続ける伝説の一族「イオルフ」の里を大国メザーテの軍が襲撃。混乱の中、何とか逃げ出したイオルフの少女マキアは、親を亡くしたばかりの赤ん坊に出会い、エリアルと名づける。
「母と息子」として生きていく2人だが、エリアルが少年へと成長していく一方、マキアの姿は変わらぬ少女のまま。周囲からの奇異の目を避けるため、町を転々としながら生きていく中、2人の絆も……。
「脚本家・岡田麿里」のオリジナル作品を数多く手がけてきたスタジオP.A.WORKSと、豪華クリエイター陣の手による美しい映像や音楽も大きな魅力となっている「さよ朝」
岡田監督インタビューの前編では、初めての監督を務めることになった経緯や、初監督作品を完成させるまでの想いなどをネタバレ無しで語ってもらった。
「さよならの朝に約束の花をかざろう」岡田麿里監督に聞く「脚本家という立場だけでは到達できないこと」
岡田麿里プロフィール/埼玉県出身。1998年の『DTエイトロン』でアニメ脚本家デビュー。P.A.WORKS作品では、「true tears」「CANAAN」「花咲くいろは」「凪のあすから」でシリーズ構成を担当

脚本家という立場だけでは、どうしても到達できないことがある


──公式サイトのコメントによると、P.A.WORKSの堀川憲司代表(本作プロデューサー)に、「岡田さんの100%をさらけだした作品を、いつか見てみたい」と言われたことが、初監督への挑戦につながったそうですね。それ以前から、監督をしてみたいという思いはあったのですか?

この記事の画像

「「さよならの朝に約束の花をかざろう」岡田麿里監督に聞く「脚本家という立場だけでは到達できないこと」」の画像1 「「さよならの朝に約束の花をかざろう」岡田麿里監督に聞く「脚本家という立場だけでは到達できないこと」」の画像2 「「さよならの朝に約束の花をかざろう」岡田麿里監督に聞く「脚本家という立場だけでは到達できないこと」」の画像3 「「さよならの朝に約束の花をかざろう」岡田麿里監督に聞く「脚本家という立場だけでは到達できないこと」」の画像4